HOME > ニュース >

ライブ・ネイションのCEO 本格的なコンサート再開は2021年後半 それまでは無観客ライヴやドライブインコンサート等を検討

2020/05/12 19:13掲載(Last Update:2020/05/12 22:45)
Concert Audience
Concert Audience
世界最大のライヴプロモーション会社「ライブ・ネイション(Live Nation)」のCEOであるマイケル・ラピーノは、先週行われた四半期決算報告の電話会見で、ロックダウン後、ライヴミュージック業界がどのように再開できるかについてさまざまなアイデアを話しています。

米エンターテイメント産業専門の業界紙Varietyによると、いくつかのアリーナ・ライヴは今年中に再開される可能性があるものの、同社は2021年の第3四半期と第4四半期に本格的に再開することを視野に入れていると述べています。

ラピーノ氏はライブ・ネイションは今後6カ月のうちに、「基本的なことに集中し、地域ごとにテストしながら、ゆっくりと小規模にスタートします」と述べており、これには「放送用のファンのいないコンサートや、定員を減らしたショー」も含まれます。

また「アリーナを完売させることができる素晴らしいアーティストはたくさんいますが、彼らはよりハイエンドの劇場やクラブでやります。フィンランド、アジア、香港など、さまざまな国で私たちが(徐々に再開していくのが)見られるようになるでしょう。特定の市場は(回復プロセスが)さらに進んでいます」

「夏の間、ファンのいないコンサートが、素晴らしい放送のオファーが得られ、スポンサーシップビジネスにとって本当に重要であるかどうか、テストが行われるだろう。ドライブインコンサートはテストして展開する予定であり、または定員を減らしたフェスティバルコンサートは、安全な場所が十分にある屋外の大きなスタジアムで行われる可能性があります」

ラピーノ氏は続けて、感染の第2波がなければ、秋には、世界中の市場が再開されると思うと話しています。「秋には、劇場やアリーナで実験的な試みやショーが行われるようになると思います」「私たちの目標は、2021年の第3四半期から第4四半期に本格的な販売を開始することです」と話しています