HOME > ニュース >

ノイ!のミヒャエル・ローター、クラフトワークのフローリアン・シュナイダーへの追悼文を寄稿

2020/05/12 08:28掲載
Florian Schneider & Michael Rother
Florian Schneider & Michael Rother
ノイ!(Neu!)ハルモニア(Harmonia)での活躍でも知られるミヒャエル・ローター(Michael Rother)は、クラフトワーク(Kraftwerk)の初期メンバーでした。ローターは英Uncut誌に、先日亡くなったクラフトワークの創設者の一人、フローリアン・シュナイダー(Florian Schneider)への追悼文を寄稿しています。

「フローリアン・シュナイダーが亡くなったという知らせは衝撃的だった。私たちは何年も会ったり話したりしていませんでしたが、彼は私の人生の中で最も重要な音楽家の一人として常に私の心にしっかりと残っていました。60年代後半、私たちはデュッセルドルフの同じ学校(Rethel Gymnasium)の生徒でした。私は、クラシックオーケストラでフルートを吹いていた、歩き方が変な男に気づきました。彼は明らかに他の生徒たちとは違っていた。アウトサイダーだ」

クラフトワークの創設者の一人、ラルフ・ヒュッターが学業を優先するため一時期離脱した頃、クラフトワークはフローリアン・シュナイダー、クラウス・ディンガー、ミヒャエル・ローターの3人で活動していた時期がありました。

「フローリアン、ドラムのクラウス・ディンガー、そしてギターの私とのトリオは5〜6か月しか続きませんでしたが、本当にエキサイティングなコンサートをいくつか覚えています。その後の私の音楽人生のすべては、ラルフとフローリアンとの始まりにつながっています」

ローターは、ハルモニアの1stアルバム・リリース時に、ラルフとフローリアンと再会したと書いています。

「彼らが感動してくれたことが嬉しかったのを覚えています。1974年後半にフローリアンが電話をかけてきて、クラフトワークのツアー(Autobahn)に参加しないかと言われましたが、その時はハルモニアやノイ!で楽しく仕事をしていたので、その誘いは断りました」

ローターは最後に

「後年、私は自分でレコードを家に置いたわけではないが、クラフトワークの音楽は常に私の視野にとどまりました。クラフトワークの大ファンだった私の友人たちは彼らを演奏しました。そして、今日まで彼らの音楽の簡約さと明快さに感服しています。フローリアンと彼のアイデアは、私と彼が影響を与えた多くのミュージシャンと共に残るでしょう。」

全文は以下のURLのページでご覧になれます。

https://www.uncut.co.uk/features/read-michael-rothers-eulogy-to-florian-schneider-126501/

以下は、フローリアン・シュナイダー、クラウス・ディンガー、ミヒャエル・ローターのトリオ時代のクラフトワークの映像