HOME > ニュース >

WOWOW ピンク・フロイドの結成55周年を記念した特集を5月4日放送

2020/04/22 16:14掲載
Pink Floyd
Pink Floyd
WOWOWは、ピンク・フロイド(Pink Floyd)の結成55周年を記念して「結成55周年記念!ピンク・フロイド特集」を5月4日(月・祝)に放送します。『ピンク・フロイド ライブ in ヴェニス 1989』『ピンク・フロイド ライブ PULSE/驚異 1994』『ピンク・フロイド The Endless River/永遠』の3タイトルを一挙放送します

<ラインナップ>

■「ピンク・フロイド ライブ in ヴェニス 1989」
5⽉4⽇(⽉・祝)午後4:25[WOWOライブ]
収録⽇:1989年7⽉15⽇
収録場所:イタリア・ヴェネチア グランド・カナル

イタリアのヴェニスの運河上に設置された特別ステージ。それを取り囲むように集まった船。そして陸上の⼤観衆。特殊な環境でのスペクタクルなライブ!
ピンク・フロイドの⻑い歴史の中でも極めて⼤きな節⽬となった1985年のロジャー・ウォーターズの脱退を経て、デヴィッド・ギルモア主導のもと、新⽣ピンク・フロイドは新たなスタートを切る。その第1弾となったアルバム『鬱』は1987年にリリースされ⼤ヒット。1980〜1981年の「ザ・ウォール・ツアー」以来となったツアーは3年にも及び、⼤成功を収めた。そのハイライトとして語り継がれる、1989年7⽉15⽇イタリアのヴェニスでの野外コンサートの模様を放送する。
⽔の都ヴェニスを象徴する運河の⽔上に特設されたフローティングステージ、その周りを取り囲むたくさんの船、そしてサン・マルコ広場を埋め尽くす30万⼈ともいわれる無数の観客。そんな特殊なシチュエーションで⾏なわれた幻想的かつ圧巻の演奏は、感覚に訴えかけ想像⼒をかき⽴てるピンク・フロイドの魅⼒が凝縮されたものと⾔っていいだろう。フロイド・ファンならずとも必⾒!

・・・・・・・・・・・・・

■「ピンク・フロイド ライブ PULSE/驚異 1994」
5⽉4⽇(⽉・祝)午後5:30[WOWOWライブ]
収録⽇:1994年
収録場所:イギリス・ロンドン アールズ・コート・エキシビジョン・センター

印象的なスクリーン映像と光の洪⽔。そして圧倒的な演奏によるサウンド。ピンク・フロイド最後のツアーの映像が、新たにレストアされて登場。
約3年にも及ぶ「鬱」ツアーを終え休養に⼊ったピンク・フロイドは、1994年にアルバム『対(TSUI)』をリリースし、再び動き始める。アルバム発表に伴うツアーはアメリカ、ヨーロッパの77都市で300万⼈を超える観客を動員し再び⼤成功を収めた。ステージ上に設けられた巨⼤なアーチ、円形の巨⼤スクリーンに映し出される抽象的でイメージ豊かな映像、ミラーボールやレーザー光線、⽣き物のように動くバリライトが織り成す光の洪⽔。それまでのコンサートの定義を塗り替える、史上最⼤の光と⾳のスペクタクル・ショーとして語り継がれているコンサートの模様をお届けする。
「クレイジー・ダイアモンド」から始まり『鬱』『対(TSUI)』の楽曲も披露する第1部、全⽶チャートに741週もの間ランクインした⾳楽史に残る名盤『狂気』を約20年ぶりに完全再現した第2部ともに聴き応え、⾒応え充分。フロイド最後のツアーを⾒逃すな!

・・・・・・・・・・・・・

■「ピンク・フロイド The Endless River/永遠」
5⽉4⽇(⽉・祝)夜7:00[WOWOWライブ]

2014年のラスト・アルバム『永遠(TOWA)』。この楽曲に創造性豊かな映像を合わせた、まさしくピンク・フロイドの世界。
『対(TSUI)』以来20年ぶりとなる2014年にリリースされた、2008年に死去したリック・ライトのトリビュート・アルバム『永遠(TOWA)』。全編インストゥルメンタル、アンビエント・ミュージックで構成され、ピンク・フロイドとして最後のアルバムとなった作品のイメージビデオを放送する。映像は、これまで「吹けよ⾵、呼べよ嵐」「スピーク・トゥ・ミー」「⾛り回って」など数々のピンク・フロイドの作品のアニメーションを⼿掛けたイアン・イームズのプロデュースによるもの。“21世紀のピンク・アルバム”といわれた奇跡の作品。いまだ⾊あせない、彼らの世界観を味わってほしい。

・・・・・・・・・・・・・

番組ページ:
https://www.wowow.co.jp/special/016223