HOME > ニュース >

ニューヨークパンクのカリスマショップTrash & Vaudevilleのオーナー、ジミー・ウェッブが死去

2020/04/15 09:43掲載(Last Update:2020/04/15 10:47)
Jimmy Webb
Jimmy Webb
ニューヨーク・パンクのカリスマ・ショップ、Trash & Vaudevilleのオーナーである、ニューヨーク・ダウンタウンのレジェンド、ジミー・ウェッブ(Jimmy Webb)が死去。彼の死についての公式声明は出ていませんが、ブロンディ(Blondie)クリス・シュタイン(Chris Stein)、写真家のミック・ロック(Mick Rock)セバスチャン・バック(Sebastian Bach)らが追悼コメントを発表しています。サイトLouder Than Warによると、ジミー・ウェッブは62歳でした。

Trash & Vaudevilleは、イーストビレッジのセント・マーク・ストリート沿いにある老舗ショップ。1975年の創業からニューヨークのパンク/ハードコアシーンのファッションを支え続け、ラモーンズ(Ramones)ビリー・アイドル(Billy Idol)、ブロンディなど多くのバンドが、ここで独特のファッションを作り上げました。