HOME > ニュース >

朝ドラ『エール』主人公のモデル 作曲家・古関裕而を特集 Eテレ『ららら♪クラシック』4月10日放送

2020/04/03 16:52掲載
NHK『ららら♪クラシック』(c)NHK
NHK『ららら♪クラシック』(c)NHK
NHK連続テレビ小説『エール』主人公のモデルとして今注目の作曲家・古関裕而。NHK Eテレ『ららら♪クラシック』では「古関裕而の世界〜日本人にエールを!〜」と題して古関裕而を特集。4月10日(金)放送

■『ららら♪クラシック「古関裕而の世界〜日本人にエールを!〜」』
NHK Eテレ 4月10日(金)午後9:00~午後9:30(30分)

朝ドラ「エール」主人公のモデルとして今注目の作曲家・古関裕而(1)「六甲おろし」だけじゃない多彩な作品(2)銀行員時代の秘蔵クラシック曲 (3)戦争を乗り越えて

古関裕而といえば、タイガースの応援歌「六甲おろし」や高校野球の「栄冠は君に輝く」などスポーツ分野の曲が有名だが、実はクラシックの作曲家として出発した。ラヴェルやストラヴィンスキーにあこがれ、独学で作曲を猛勉強。銀行員をしながら夜な夜な作曲した室内管弦楽曲「亡き愛児に捧ぐる歌」を今回テレビで初披露。ほかに「ひるのいこい」「長崎の鐘」「スポーツショー行進曲」などの名曲を放送する。ゲスト:片山杜秀

番組ページ:
https://www.nhk.jp/p/lalala/ts/57LY35Q588/episode/te/R8JK9652PN/