HOME > ニュース >

ロビー・ロバートソン、クインシー・ジョーンズ、スティーヴン・タイラーら出演 ドキュメンタリー映画『ランブル 音楽界を揺るがしたインディアンたち』5月公開

2020/03/30 15:23掲載
ランブル 音楽界を揺るがしたインディアンたち
ランブル 音楽界を揺るがしたインディアンたち
あらゆるポピュラー音楽に影響を与えたインディアン・ミュージックの真実を追ったドキュメンタリー映画『ランブル 音楽界を揺るがしたインディアンたち(原題:RUMBLE The Indians Who Rocked The World)』が5月26日より、東京都写真美術館ホールほか全国で順次公開されます。

この作品は、1958年に「ランブル」をリリースしたネイティヴアメリカンの血を引くリンク・レイをはじめ、インディアン・ミュージックがロック、フォーク、ブルース、ジャズ、メタル、ヒップホップなど、あらゆる音楽ジャンルにいかに影響を与えたのか、そしてネイティヴアメリカンの音楽がポピュラーミュージックの歴史からいかに抹殺されていったのかを明らかにした音楽ドキュメンタリーです。

プロデューサーはアパッチ族出身のギタリスト、スティーヴィー・サラス。

映画には、アメリカ先住民の血を引くザ・バンドのロビー・ロバートソンやブラック・アイド・ピーズのタブーをはじめ、バディ・ガイ、クインシー・ジョーンズ、トニー・ベネット、エアロスミスのスティーヴン・タイラー、ジャクソン・ブラウン、ジョージ・クリントン、イギー・ポップ、ラモーンズのマーキー・ラモーン、ガンズ・アンド・ローゼズのスラッシュ、マーティン・スコセッシらが出演し、インディアンミュージックの魅力や影響を語っています。

字幕監修を務めるピーター・バラカンは“インストルメンタルなのに放送禁止にされるほど50年代のアメリカで刺激が強かったリンク・レイの「ランブル」。長年の弾圧に負けなかったネイティヴ・アメリカンの文化を象徴しているように思います”とコメントしています

■映画『ランブル 音楽界を揺るがしたインディアンたち』公式サイト
http://rumblethemovie-japan.com/