HOME > ニュース >

プリテンダーズ 新曲「Hate for Sale」公開&新アルバムは7月発売に

2020/03/25 06:55掲載
The Pretenders / Hate for Sale
The Pretenders / Hate for Sale
クリッシー・ハインド(Chrissie Hynde)率いるプリテンダーズ(The Pretenders)が新曲「Hate for Sale」を公開。この曲は4年ぶりの新アルバム『Hate for Sale』に収録。アルバムはもともと5月1日発売を予定していましたが、新型コロナウイルス感染拡大のため7月17日に延期されています。リリース元はBMG。



スタジオ・アルバムのリリースは2016年の『Alone』以来。通算11作目。

このアルバムは、バンドの現在の長年のツアーラインナップでレコーディングされた最初の作品で、またクリッシー・ハインドとギタリストのジェイムス・ウォルボーンが共同で書いた初めてのアルバムです。プロデュースはスティーヴン・ストリート(The Smiths, Blur)が手掛けています。

クリッシー・ハインドは

「最初から彼と一緒に書きたかった。ジェイムスは特に注目されていて、ジェリー・リー・ルイス、デイヴ・ガーン、ザ・レイルズなどと一緒にレコーディングしている。いつもツアー中に曲を書くことを計画していたけど、バンドの誰もが言うように、ツアーに参加することは先延ばしにする夢が叶うことなので」

と話しています。

以下は以前に公開された音源

「The Buzz」
■『Hate for Sale』

Hate For Sale
The Buzz
Lightning Man
Turf Accountant Daddy
You Can’t Hurt a Fool
I Didn’t Know When To Stop
Maybe Love Is In NYC
Junkie Walk
Didn’t Want To Be This Lonely
Crying in Public