HOME > ニュース >

ロバート・プラントの新バンドSaving Grace ライヴ映像公開&米国ツアー開催発表

2020/03/04 13:21掲載
Saving Grace - photo by Ian Burgess
Saving Grace - photo by Ian Burgess
ロバート・プラント(Robert Plant)の新バンド、セイヴィング・グレイス(Saving Grace)がオフィシャル・ライヴ映像を公開。曲は、米ミネソタのスロウコア/インディ・ロック・バンド、ロウ(Low)のカヴァー「Everybody's Song」。またバンドは初の米国ツアー開催も発表しています。

メンバーは

Robert Plant - vocals
Suzi Dian - vocals
Tony Kelsey - mandolin, baritone and acoustic guitars
Matt Worley - banjo, acoustic and baritone guitars, and cuatro
Oli Jefferson - percussion

の5人。

2019年1月に英国でデビュー・ライヴを飾り、その後、同年2月にフェアポート・コンヴェンションの公演にサポート・アクトとして参加するなど、英国やアイルランドでいくつかのライヴを行っています。

プレスリリースによると、この新しいバンドで演奏するのは、「プラントの多様な趣味や影響、特にイギリスとアメリカのフォーク、スピリチュアル、トラディショナル・ブルースへの彼の生涯にわたる情熱を反映した楽曲で、多くの愛されているスタンダードや長年のお気に入り曲も含まれます」



■Saving Grace 2020 Tour Dates:

05/12 – Minneapolis, MN @ Pantages Theatre
05/13 – Milwaukee, WI @ Turner Hall Ballroom
05/15 – Chicago, IL @ Old Town School of Folk Music
05/17 – Charleston, WV @ The Clay Center
05/19 – Port Chester, NY @ The Capitol Theatre
05/20 – New York, NY @ The Town Hall
05/23 – Washington, DC @ Lincoln Theatre