HOME > ニュース >

スペースメン3のソニック・ブーム 30年ぶりのソロ・アルバム『All Things Being Equal』発売 新曲MVあり

2020/03/04 06:34掲載
このニュースの他の関連写真
Sonic Boom / All Things Being Equal
スペースメン3(Spacemen 3)の創設メンバーのひとりで、プロデューサーとしても活躍するソニック・ブーム(Sonic Boom)ことピーター・ケンバー(Peter Kember)。ソニック・ブーム名義としては1990年の『Spectrum』以来、30年ぶりとなる新スタジオ・アルバム『All Things Being Equal』を海外で6月5日に発売します。リリース元はCarpark。

ピーター・ケンバーはスペースメン3終了後、過去30年間に多くの音楽作品を残しており、最近では、パンダ・ベア、ビーチ・ハウス、MGMT、No Joyなどとのコラボレーションで知られています。

声明の中でケンバーは、彼の数十年にわたる他のアーティストとのコラボレーションが、新しいアルバムでの彼のプロセスに影響を与えたと話しています。「一緒に仕事をした人から学んだことをレコードに残したいと思った」「音楽についての考え方や聴き方は人それぞれです」。

新しいアルバムはまた、彼が「刺激的で有名な魅惑的なエリア」と呼ぶポルトガルのシントラに移住したことも影響を受けています。この変化は、人間と植物の関係に焦点を当てた、叙情的なアルバムを形作りました。

この作品から新曲「Just Imagine」のミュージックビデオが公開されています

■『All Things Being Equal』

01 Just Imagine
02 Just a Little Piece of Me
03 Things Like This (A Little Bit Deeper)
04 Spinning Coins and Wishing on Clovers
05 My Echo, My Shadow and Me
06 On a Summer’s Day
07 The Way That You Live
08 Tawkin Tekno
09 I Can See Light Bend
10 I Feel a Change Coming On