HOME > ニュース >

サクソンのビフ・バイフォード ソロ・アルバム『School Of Hard Knocks』が全曲リスニング可

2020/02/21 17:57掲載
Biff Byford / School Of Hard Knocks
Biff Byford / School Of Hard Knocks
英へヴィメタル・バンド、サクソン(Saxon)のフロントマンであるビフ・バイフォード(Biff Byford)。初のソロ・アルバム『School Of Hard Knocks』がYouTube、Spotify、Apple Musicで配信開始。全曲リスニング可







アルバムは海外で2020年2月21日発売。リリース元はSilver Lining Records。

新作のプロデュースはビフ・バイフォード自身。レコーディングは、英ブライトンのBrighton Electric Studiosで行われています。

アルバムには、

Phil Campbell (MOTORHEAD, PHIL CAMPBELL & THE BASTARD SONS)
Alex Holzwarth (RHAPSODY OF FIRE)
Nick Barker (VOICES)
Dave Kemp (WAYWARD SONS)
Nibbs Carter (SAXON)

がゲスト参加。

またアルバムにはサイモン&ガーファンクル(Simon and Garfunkel)のカヴァー「Scarborough Fair」も収録。このカヴァーにはオーペス(Opeth)のフレドリック・オーケソンが参加しています。

以下は以前に公開された映像

「Me And You」のミュージックビデオ


「School of Hard Knocks」のミュージックビデオ


「Welcome To The Show」のリリックビデオ
●『School Of Hard Knocks』

1. Welcome To The Show
2. School Of Hard Knocks
3. Inquisitor
4. The Pit And The Pendulum
5. Worlds Collide
6. Scarborough Fair
7. Pedal To The Metal
8. Hearts Of Steel
8. Throw Down The Sword
10. Me And You
11. Black And White