HOME > ニュース >

『ミュージック・マガジン3月号』 通巻700号記念特集「ミュージシャンが選ぶ生涯の愛聴盤」

2020/02/14 17:56掲載
ミュージック・マガジン2020年3月号
ミュージック・マガジン2020年3月号
『ミュージック・マガジン』は2020年3月号で通巻700号を迎えています。通巻700号記念特集は「ミュージシャンが選ぶ生涯の愛聴盤」。52組のミュージシャンが自身の「生涯の愛聴盤」を5枚、“いまの気分”で選んでいます。

もうひとつの特集は「主張する女性シンガー・ソングライター」。自らの言葉で社会にメッセージを発信する、多様なスタイルの女性シンガー・ソングライターたちを紹介します。

2月20日発売
■『ミュージック・マガジン2020年3月号』

【通巻700号記念特集】ミュージシャンが選ぶ生涯の愛聴盤

『ミュージック・マガジン』はこの2020年3月号で通巻700号を迎えました。それを記念して、52組のミュージシャンの方々に、ご自身の「生涯の愛聴盤」を5枚、“いまの気分”で選んでいただきました。ポピュラー・ミュージックの歴史の奥深さ、幅広さ、そして、その作り手のみなさんの豊かな音楽的背景に触れてみてください。

■ 52人のミュージシャンの愛聴盤5枚〜アカツカ(South Penguin)/吾妻光良/網守将平/石野卓球(電気グルーヴ)/石若駿/VIDEOTAPEMUSIC/大友良英/大森靖子/岡田拓郎/小田朋美/Oto(Jagatara2020)/Kaede(Negicco)/角銅真実/金延幸子/kiki vivi lily/久保田麻琴/GEZAN/ケンモチヒデフミ(水曜日のカンパネラ)/国府達矢/小西康陽/賽 a.k.a. BADSAIKUSH(舐達麻)/坂本真綾/佐藤優介(カメラ=万年筆)/佐藤良成(ハンバート ハンバート)/サンダーキャット/柴田聡子/食品まつり a.k.a foodman/菅原慎一(シャムキャッツ)/積島直人(んoon)/染谷大陽(Lamp)/高橋一(思い出野郎Aチーム)/田島貴男(オリジナル・ラブ)/辻村豪文(キセル)/テンテンコ/德茂悠(Wool & The Pants)/直枝政広(カーネーション)/中川敬(ソウル・フラワー・ユニオン)/なかの綾/NORA(オルケスタ・デ・ラ・ルス)/長谷川白紙/浜田真理子/一十三十一/butaji/堀込高樹(KIRINJI)/堀込泰行/町あかり/松浦俊夫/マナ&カナ(CHAI)/三船雅也(ROTH BART BARON)/Moment Joon/横山剣(クレイジーケンバンド)/YONCE(Suchmos)


【特集】 主張する女性シンガー・ソングライター

近年、ロックやR&B、ジャズ、ヒップホップなど様々なジャンルで、女性アーティストが活躍している。2019年は特にその活躍が目立った一年であり、ビリー・アイリッシュがグラミー賞の主要4部門を受賞したことも大きな話題となった。今回は、昨年初の来日公演を果たしたステラ・ドネリーのインタヴューをきっかけに、自らの言葉で社会にメッセージを発信する、多様なスタイルの女性シンガー・ソングライターたちを紹介する。

■ ステラ・ドネリー・インタヴュー(渡辺裕也)
■ #MeToo以降の新たな女性シンガー・ソングライター(岡村詩野)
■ 2019年の女性シンガー・ソングライター作品20選(赤尾美香、井草七海、岡村詩野、加藤孔紀、村尾泰郎、渡辺裕也)


□ キング・クルール〜南ロンドン・シーンのアイコン(油納将志)
□ ビルボードライブ横浜〜注目のエリアに開店するライヴハウス(廣川裕)
□ ジェイムス・テイラー〜米国のスタンダードを歌った新作(北中正和)
□ ジェイソン・イズベル〜米ルーツ・ロックの重要人物が来日(赤尾美香)
□ 寺尾紗穂〜実父に捧げた曲も含む3年ぶりの新作(松永良平)
□ ニュー・スタンダード2020s〜第2回 女性ラッパー(渡辺志保、池城美菜子、池尻安希、上神彰子、河地依子、塚田桂子)
□ スティーヴン・マルクマス(行川和彦)
□ リアル・エステート(天井潤之介)
□ スケーティング・ポリー(早坂英貴)
□ ティコ(坂本哲哉)
□ アグネス・オベル(石川真男)
□ 関取花(土佐有明)
□ EMILAND(高岡洋詞)
□ ぼんぼん花ーーー火(原田和典)
□ 石原洋(小野島大)
□ BREIMEN(西澤裕郎)
□ 井上銘(土佐有明)