HOME > ニュース >

パット・メセニー・グループで活躍 ジャズ・ピアニストのライル・メイズ死去

2020/02/11 15:50掲載(Last Update:2020/02/12 05:48)
Lyle Mays
パット・メセニー・グループ(Pat Metheny Group)のメンバーとして知られているジャズ・ピアニストのライル・メイズ(Lyle Mays)が死去。パット・メセニー(Pat Metheny)の公式サイトで発表。声明では「愛する人たちに囲まれて、再発性疾患との長い戦いの末、今日(2月10日)ロサンゼルスでこの世を去った」と伝えています。訃報はライルのFacebookページでも発表。ライル・メイズは66歳でした。

パット・メセニーは「ライルは私が知っている最も偉大な音楽家の一人だった。30年以上にわたって、音楽で共有したすべての瞬間は特別なものでした。一緒に演奏した最初の音から、すぐに絆が生まれました。彼の幅広い知性と音楽の知恵は、全ての面において彼が誰であるかのあらゆる側面を知らせた。あなたがいなくて寂しいです」と追悼しています。

ライル・メイズは米ウィスコンシン州ウォーソーキー生まれ。ノーステキサス大学在学中、作曲と編曲を手掛けたビッグバンドOne O'Clock Lab Bandのアルバム『Lab '75』がグラミー賞にノミネートされる。1974年にパット・メセニーと出会う。1977年にパット・メセニー・グループ加入。それ以来、パットの片腕としてグループに貢献した。





■参加作品

※以下wikipediaより

<パット・メセニー・グループ>

Watercolors, 1977, ECM
Pat Metheny Group, 1978, ECM
American Garage, 1980, ECM
As Falls Wichita, so falls Wichita Falls, 1981, ECM
Offramp, 1982, ECM
Travels, 1983, ECM
First Circle, 1984, ECM
Still Life (Talking), 1987, Geffen
Letter From Home, 1989, Geffen
The Road to you, 1993, Geffen
We Live Here, 1995, Geffen
Quartet, 1996, Geffen
Imaginary Day, 1997, Warner Bro.
Speaking of Now, 2002, Warner Bro.
The Way Up, 2005, Nonesuch

<ソロおよびリーダー作品>
Lyle Mays, Geffen, 1986
Street Dreams, Geffen, 1988
Fictionary, Geffen 1993
The Debussy Trio - In the Shadow of a Miracle, Sierra Classical, 1996
Solo, Warner Bro. 2000
The Ludwigsburg Concert (Naxos, 2016)

<サイドマン参加作>
The Sound of the Wasp, Phil Wilson (ASI, 1975)
Home, Steve Swallow (ECM, 1979)
Shadows and Light, Joni Mitchell (Asylum, 1980)
Later That Evening, Eberhard Weber (ECM, 1982)
When Elephants Dream of Music, Bob Moses (Gramavision, 1982)
Girl at Her Volcano, Rickie Lee Jones (Warner Bros., 1983)
Contemplación, Pedro Aznar (Tabriz, 1984)
Mrs. Soffel, film soundtrack, released on Film Music, Mark Isham (Windham Hill, 1985)
Betty Buckley, Betty Buckley (Rizzoli, 1986)
The Story of Moses, Bob Moses (Gramavision, 1987)
Heritage, Earth, Wind & Fire (Columbia, 1990)
Medicine Music, Bobby McFerrin (EMI, 1990)
Premonition, Paul McCandless (Windham Hil, 1991l)
Live in Warsaw (1976), Woody Herman (Storyville, 1992)
Falling Out, Igor Butman (Impromptu, 1994)
Points of View, Nando Lauria (Narada, 1994)
Noa, Noa (Geffen, 1994)
East Coast West Coast, Toots Thielemans (Private Music, 1994)
Schemes and Dreams, Pat Coil (Sheffield Lab, 1994)
Fifteen Year Anniversary, Betty Buckley (K.O., 2000)