HOME > ニュース >

「時代に翻弄された歌 イムジン河」 NHK『アナザーストーリーズ』2月18日放送

2020/02/11 13:25掲載
NHK『アナザーストーリーズ「時代に翻弄された歌 イムジン河」』
NHK『アナザーストーリーズ「時代に翻弄された歌 イムジン河」』
レコード発売中止となった名曲、ザ・フォーク・クルセダーズ版「イムジン河」。しかし、その後も歌い継がれ、日本・韓国・北朝鮮で数々のドラマを生む。歌が生んだ数々のドラマを特集するNHK BSプレミアム『アナザーストーリーズ「時代に翻弄された歌 イムジン河」』が2月18日(火) 放送

■『アナザーストーリーズ「時代に翻弄された歌 イムジン河」』
NHK BSプレミアム 2月18日(火) 午後9時00分
再放送:NHK BSプレミアム 2月24日(月) 午後11時45分

1968年2月、ザ・フォーク・クルセダーズが歌うイムジン河が、発売中止となった!北朝鮮で生まれた曲。京都の朝鮮学校で耳にした作詞家の松山猛が、作詞作曲者不詳の朝鮮民謡と思い、日本語の歌詞をつけた。しかし、発売直前に朝鮮総連から抗議が入った。しかし、歌は枯れることなく、その後もいくつものバージョンがつくられ、日本、北朝鮮、韓国で数奇な運命をたどることになる。いま明かされる、歌が生んだ数々のドラマ。

*ザ・フォーク・クルセダーズ「イムジン河」。北朝鮮と韓国の軍事境界線をまたいで流れる実在の川を題材に、分断された人たちの悲しみを歌う。発売前からライブでうたわれ、人気に火がついた。

*ザ・フォーク・クルセダーズの歌うイムジン河の日本語の歌詞を書いた松山猛。訪れた京都の朝鮮学校でイムジン河の原曲を聞き、ザ・フォーク・クルセダーズのメンバーに教えた。発売中止騒動の後も、この歌のことを忘れたことはなかった。

*韓国人歌手のキム・ヨンジャ。日本で、イムジン河と出会ったキム・ヨンジャは、歌に離散家族の思いを馳せる。日本、韓国、北朝鮮の三か国でイムジン河を熱唱。波乱の人生の中で、この歌をうたいづらくなったこともあったが、決して手放すことはなかった。

*拉致被害者の蓮池薫。拉致される前、フォークルのイムジン河をよく聞いていた。拉致されて20年以上が過ぎた時、北朝鮮でコンサートを行ったキム・ヨンジャのイムジン河をテレビ放送で見て、釘付けになる。それまで消していた望郷の念が湧いてきて抑えきれなくなったという。

番組ページ:
https://www4.nhk.or.jp/anotherstories/x/2020-02-18/10/922/1453142/