HOME > ニュース >

スクエアプッシャーが新曲「Terminal Slam」のミュージックビデオを公開

2020/01/30 04:50掲載(Last Update:2020/01/30 04:51)
Squarepusher
Squarepusher
スクエアプッシャー(Squarepusher)が新曲「Terminal Slam」のミュージックビデオを公開。監督は真鍋大度 (Rhizomatiks) 。この曲は5年ぶりとなる新アルバム『Be Up a Hello』に収録。

遠い未来ではなく近い未来を現代の技術を駆使して実装しよう、というところからアイディアが始まり、近未来の広告をテーマに議論して制作しました。最後の最後までSquarepusher本人にたくさんの細かいフィードバックをもらいながら映像表現を調整しました。彼のグリッチやインタラクションに対するクリエイティブなこだわりをチーム全体で享受でき、非常にエキサイティングな制作でした。また今回、撮影した動画の中に含まれる人やオブジェクト、広告を、AIを駆使して自動認識させ、それらを現実から消去したり、広告を別のものに置き換えるなどの処理をしています。かなり近い将来、デバイスを装着して街中を歩きながら今回のMVと同じように広告を自由に書き換える体験が出来るなと思いワクワクしています。
 
―― 真鍋大度 (Rhizomatiks)




アルバムは海外、日本で2020年1月31日に発売。日本盤ボーナストラックあり。リリース元は海外はWarp、日本はBEATINK。

バンド・プロジェクトであるショバリーダー・ワン(Shobaleader One)のアルバム『Elektrac』(2017年)や、スクエアプッシャーことトム・ジェンキンソンが作曲し、オルガン奏者ジェイムズ・マクヴィニー(James McVinnie)が奏でるアルバム『All Night Chroma』(2019年)はありましたが、スクエアプッシャー名義のスタジオ・アルバム・リリースは2015年の『Damogen Furies』以来。

以下、日本盤インフォメーションより

〈Warp Records〉が30周年を迎えた2019年、レーベルメイトのワンオートリックス・ポイント・ネヴァー、ビビオとともに3都市を巡った30周年記念イベント『WXAXRXP DJS』では、自身の楽曲群を用いて「もはやライヴでは?」と思わせるほどアッパーな高速ドリルンベース・セットを披露し、満員のオーディエンスを熱狂させたことも記憶に新しいスクエアプッシャー。そのセットにも組み込まれていた未発表の新曲も本作『Be Up A Hello』に収録となる。狂気じみたそのパフォーマンスには、直感と初期衝動に従って一気に完成させたというこの最新作の存在があり、本作を特徴付けた大きな要因に、90年代のアナログ機材を多用したという事実がある。エレクトロニック・ミュージックに目覚めた当時の思いや記憶を綴った日記のようでもあり、いつになくメロディアスで聞きやすい曲もあるのは確かだ。しかし、やはりその内容はスクエアプッシャーの音楽以外のなにものでもない。強烈で、スピーディで、目まぐるしくて、刺激的で、先の予測のつかないスクエアプッシャーの音楽だ。そして映像クリエイターのザック・ノーマンとトム自身がデザインしたアルバム・ジャケットには、『Do You Know Squarepusher』以来初めて、スクエアプッシャーのアイコニックなロゴも登場する。

自分がエレクトロニック・ミュージックを書き始めた頃、つまり90年代に自分が使っていた、そういう機材を使って新作を作りたいと思った。とにかくやりたかったのは、何かに取り組み、仕上げ、そして次に進む、ということ。今回のアルバムは直球で、インパクトに満ちた響きにしたかったんだ。
- SQUAREPUSHER


以下は以前に公開された音源

「Nervelevers」


「Vortrack」


「Vortrack (Fracture Remix)」
■『Be Up a Hello』

1. Oberlove
2. Hitsonu
3. Nervelevers
4. Speedcrank
5. Detroit People Mover
6. Vortrack
7. Terminal Slam
8. Mekrev Bass
9. 80 Ondula

Bonus Track for Japan
10. Vortrack (Fracture Remix)