HOME > ニュース >

ニール・ヤング、米国市民権を取得

2020/01/24 06:03掲載
Neil Young is now officially an American citizen
Neil Young is now officially an American citizen
ニール・ヤング(Neil Young)は、アメリカでの市民権を取得。サイトTMZは、ニールがロサンゼルス・コンベンションセンターで宣誓式を行ったと報告し、同センターを退出する様子を撮影した映像も公開しています。ニールは片手に書類を持ち、もう一方の手で小さなアメリカ国旗を振っています。ニールの隣には妻である女優のダリル・ハンナがいます。

カナダ生まれで60年代後半からほとんどアメリカ国内に居住しているニールはアメリカの市民権を取得して大統領選の選挙権を得たいとしています。ニールは取得に必要な試験を受けてこれに合格しましたが、大麻や薬物の使用歴があったことから追加の試験を受ける必要が出てきたと2019年11月に自身の公式サイトで発表していました。

映像は以下のURLのページでご覧になれます。

https://www.tmz.com/2020/01/23/neil-young-granted-american-citizenship-delay-marijuana-use-vote-against-trump/