HOME > ニュース >

故チェスター・ベニントンをフィーチャーしたグレイ・デイズ「What's In The Eye」新版公開

2020/01/16 16:34掲載(Last Update:2020/01/16 16:35)
Chester Bennington
Chester Bennington
リンキン・パーク(Linkin Park)のヴォーカリスト、故チェスター・ベニントン(Chester Bennington)がかつて在籍していたバンドであるグレイ・デイズ(Grey Daze)は、チェスターのヴォーカルをフィーチャーした「What's In The Eye」のリ・レコーディング・ヴァージョンを公開しています。

グレイ・デイズは、チェスター・ベニントンを迎えて再結成する動きがあり、チェスターが2017年に亡くなる数ヶ月前には、彼らはチェスターと一緒に初期の楽曲をリ・レコーディングを行っていました。同年秋にはライヴ・パフォーマンスも予定していましたが、7月にチェスターが亡くなったため、それは決して起こりませんでした。

グレイ・デイズは、さまざまな初期楽曲をリ・レコーディングしており、チェスターに捧げるトリビュート・アルバムとしてリリースを予定しています。

アルバムのリ・レコーディング・セッションには、チェスターの息子ジェイミー、KoRnブライアン・“ヘッド”・ウェルチ(Brian 'Head' Welch)ジェームズ“マンキー”シェイファー(James 'Munky' Shaffer)P.O.D.のマルコス・クーリアル、ブッシュ(Bush)のクリス・トレイナーらを含む多くのゲスト・ミュージシャンが参加しています。アルバムのリリースは、チェスターの家族や元妻のタリンダも承認しています。