HOME > ニュース >

バウハウスの最初期ライヴ映像を発掘 結成直後79年1月ノーサンプトン公演

2020/01/15 14:37掲載
Bauhaus
Bauhaus
バウハウス(Bauhaus)の最初期ライヴ映像を発掘。まだ彼らが“Bauhaus1919”名義で活動していた結成直後の1979年1月13日に、バンドの故郷である英ノーサンプトンのロマニー・パブで行ったコンサートの映像。サイトPost-Punk.comによると、この公演はバウハウスにとって2回目のコンサートで、バンドは約30分演奏しており、「Largartija Nick」のプロトタイプのような曲や、「Bite My Hip」「Screen Kiss」「Lovelife」などを演奏しています。発掘された映像は約7分で、YouTubeユーザー「halfman halftripod」のチャンネルで公開されています。