HOME > ニュース >

ジョルジオ・モロダー 電気自動車のエンジン始動音を制作

2020/01/13 14:50掲載
Giorgio Moroder / Preludio
Giorgio Moroder / Preludio
ディスコ・ミュージックの巨匠ジョルジオ・モロダー(Giorgio Moroder)は、電気自動車のエンジン始動音を制作。モロダーはこの始動音をもとにした約4分の楽曲も作り出しています。

CNETなどによると、モロダーは、イタリアのパワートレイン会社FPTインダストリアルと協力して、同社のエンジンが始動すると再生されるサウンドを制作。モロダーは「Preludio」という約4分の楽曲を書き、この曲の最初の4秒がエンジン始動時と再生されます。「Preludio」はSpotifyで聴けます。

FPTインダストリアルのエンジンは現在、電化に向かって進み続けており、会社は何か特徴的なものが欲しいと考え、モロダーにエンジン始動音を依頼。

モロダーは「20から30のメロディの中から、エンジンとFPTの仕事を代表すると思われるものを選びました」「さまざまなコンピューターやシンセサイザーからいろいろな種類のサウンドを使ったた。それをより円熟なものにするために、クラシック楽器も加えた」と語っています。

モロダーによると、エンジンン始動音はいくつかの点で重要だという。「まずエンジンが動作していることを確認でき、次に安全だと感じることができること」。しかしそれ以上に「車には音がしなければ魂がない」とモロダーは語っています



ミニ・ドキュメンタリー映像