HOME > ニュース >

アイルランドのXTC=パグウォッシュ 日本独自企画ベストアルバム発売決定、未発表音源収録

2020/01/13 00:06掲載
Pugwash / POPULARITY PENDING: 20 YEARS OF PUGWASH... (the
Pugwash / POPULARITY PENDING: 20 YEARS OF PUGWASH... (the "Greatest Hits Album")
ビートリッシュ〜XTC直系なアイルランドのポップバンド、パグウォッシュ(Pugwash)のデビュー20周年記念日本独自企画ベスト・アルバムが発売決定。

このベスト盤は、ビートルズの遺伝子たちを集めた日本独自企画コンピレーションCD『Power To The Pop』の関連企画として、世界中の知られざるビートルズの遺伝子たちを「日本企画ベスト盤」として紹介していくシリーズの一環として発売されます。

この作品のために「IT'S NICE TO BE NICE」ストリングス・ヴァージョンを新録音し初収録。2月26日発売。

以下インフォメーションより

<BeatleDNAシリーズ第6弾>
アイルランドのXTC=パグウォッシュ、BeatleDNA溢れるデビュー20周年記念日本独自企画ベスト盤!

「パグウォッシュの一番いい曲はビートルズの素晴らしさに近い。彼らはそれぐらい良いバンドなんだ」―アンディ・パートリッジ(XTC)

アイルランドの“ジェフ・リン”ことトーマス・ウォルシュ率いるバンド、パグウォッシュ。1999年デビュー以来”Their Mix of XTC meets ELO meets Beach Boys meets Kinks meets Beatles”とも形容されるBeatleDNAサウンドに溢れた作品を集大成したデビュー20周年記念日本独自企画ベスト!どの曲にもBeatleDNAが感じられる上、XTCやビーチボーイズの匂いまでもがプンプンしてくる。 さらにELOやロイ・ウッドから影響も見受けられるという、ポップ・フリークにはたまらない内容。名曲「ANCHOR」はXTCのアンディ・パートリッジとの共作。「OH HAPPY DAYS」ではレイ・デイヴィスとアンディ・パートリッジがバックボーカル。他、XTCのデイヴ・グレゴリー、ジェリーフィッシュのジェイソン・フォークナー、ディヴァイン・コメディのニール・ハノン、ベン・フォールズなどがゲスト参加した楽曲も収録。日本のために未発表の「IT'S NICE TO BE NICE(2019 Strings Ver)」を新たに録音。”アイルランドのXTC”=パグウォッシュのマジカルでドリーミーな世界へようこそ

【バイオグラフィー】

アイルランド、ダブリン出身のトーマス・ウォルシュ率いるバンド、パグウォッシュ。トーマス・ウォルシュは、1997年にパグウォッシュ名義で活動をスタートさせ、99年、アルバム『Almond Tea』でデビューを果たした。2002年に発表したセカンド・アルバム『Almanac』にはジェイソン・フォークナーも参加。サード・アルバム『Jollity』は、ウォルシュが敬愛するXTCのデイヴ・グレゴリーの参加を得て制作されている。そしてデイヴ・グレゴリーの紹介でアンディ・パートリッジがソングライティングで参加、名曲「Anchor」を共作している。パグウォッシュは、その後も『Eleven Modern Antiquities』( 2008年)『The Olympus Sound』(2011年)と、ビートリッシュなサウンドに溢れた作品を発表し続けているが、アイルランドのアーティストとの交流が深いウォルシュは、2009年にはディヴァイン・コメディのニール・ハノンとも新たなユニット、ダックワース・ルイス・メソッドを組み、これまでに捻りの効いたポップ作品『Eponymous』(2009年)、『Sticky Wickets』(2013年)等をリリースしている。
■パグウォッシュ Pugwash

邦題:『ザ・ベスト・オブ・パグウォッシュ』

英題:『 POPULARITY PENDING: 20 YEARS OF PUGWASH... (the "Greatest Hits Album") 』

2020年2月26日  SICX-150 ¥1800+税

【収録曲】

1. It's Nice To Be Nice/イッツ・ナイス・トゥ・ビー・ナイス

2. Apples/アップルズ

3. Monorail/モノレイル

4. Here/ヒア

5. Take Me Away/テイク・ミー・アウェイ

6. Fall Down/フォール・ダウン

7. Answers on a Postcard/アンサーズ・オン・ア・ポストカード

8. Just So You Know/ジャスト・ソー・ユー・ノウ

9. At The Sea/アット・ザ・シー

10. To The Warmth Of You/トゥ・ザ・ウォームス・オブ・ユー

11. The Perfect Summer/ザ・パーフェクト・サマー

12. Your Friend/ユア・フレンド

13. What Are You Like/ホワット・アー・ユー・ライク

14. Oh Happy Days/オー・ハッピー・デイズ

15. Anchor /アンカー

16. Finer Things In Life/ファイナー・シングス・イン・ライフ

17. Hung Myself Out To Dry/ハング・マイセルフ・アウト・トゥ・ドライ

18. Two Wrongs /トゥー・ロングス

19. Emily Regardless/エミリー・リガードレス

Bonus Track

20. It's Nice To Be Nice(2019 Strings Ver)/イッツ・ナイス・トゥ・ビー・ナイス(2019 Strings Ver)



Tracks 1 & 15 from the album 'Jollity'.

Tracks 2,3 & 19 from the album 'Almanac'.

Tracks 4, 5, 9 & 12 from the album 'Eleven Modern Antiquities'.

Tracks 6, 7 & 10 from the album 'The Olympus Sound'.

Tracks 8, 14 & 17 from the album 'Play This Intimately (as if among friends).

Tracks 11 & 13 from the album 'Silverlake'.

Tracks 16 & 18 from the album 'Almond Tea'