HOME > ニュース >

森田童子三回忌イベント<夜想忌3>開催決定&森田童子の世界を映画化する新プロジェクト始動

2020/01/05 19:45掲載
夜想忌3 〜ぼくたちの失敗〜 森田童子三回忌
夜想忌3 〜ぼくたちの失敗〜 森田童子三回忌
森田童子三回忌イベント<夜想忌3 〜ぼくたちの失敗〜 森田童子三回忌>が、命日の翌日である4月25日(土)に開催されます。イベントの詳細は後日発表されます。

イベントにあわせ、森田童子の世界を映画化する新プロジェクト<夜想忌シネマ>が始動しています。原作は直木賞作家の朱川湊人、脚本・監督は高橋伴明、出演は佐伯日菜子。プロジェクトは現在、支援者を募集しています。

<夜想忌3 〜ぼくたちの失敗〜 森田童子三回忌>

森田童子の訃報が伝えられた2018年6月11日からわずか38日後に急遽実施した追悼イベント『夜想忌』、一周忌を迎える2019年4月20日に実施した『夜想忌2』に続き、2020年4月25日(土)に三回忌として『夜想忌3 〜ぼくたちの失敗〜 森田童子三回忌』を開催する運びとなりました。
森田童子の命日の翌日です。

これまで同様、森田童子を偲ぶイベントであることに変わりはありませんが、今回は回顧や想い出から一歩踏み出そうと考えています。
森田童子が時代を超えて鮮烈なのは「変れないぼくたち」が更新されているからではないか?
そんな不思議な“森田童子の現在と未来”を見つめるイベントにしたいと思っています。
イベント全体のブラインドテーマは「赦しと救い」。

詳細に関しては、追って発表いたします。
続報を楽しみにお待ちください。

<夜想忌シネマ>

三回忌を前に、実は既に動き始めている企画があります。

一周忌に開催した『夜想忌2』のトークゲスト、映画監督の高橋伴明さんと、会場にお越しいただいていた直木賞作家の朱川湊人さん、女優の佐伯日菜子さんがタッグを組み、森田童子の世界をオリジナル短編映画にしよう、その作品を『夜想忌3』で上映しようという、まさに夜想忌から生まれたプロジェクトが始動しています。

この企画に、かねてからの森田童子ファン、新たに森田童子に関心を持たれたあなたのお力をぜひお貸しいただけないでしょうか?

■作品概要

◆タイトル:『夜想忌』
◆監督・脚本:高橋伴明(『TATTOO<刺青>あり』『痛くない死に方』2020年夏公開)
◆原作:朱川湊人(『花まんま』直木賞受賞)
◆キャスト
佐伯日菜子(『らせん』『イソップの思うツボ』ほか多数)
その他未定
◆企画:三上完太(「森田童子を支持する会」)
◆製作:三上完太、ブロウアップ
◆制作プロダクション:ブロウアップ

◆ストーリーのイメージ
森田童子の楽曲をイメージして書き下ろした原作をもとにつくる、静謐でありながら悲しくもやさしい、幻想的な物語。
“赦しと救い”の映画。

■「夜想忌」公式サイト
https://yasoki.net/