HOME > ニュース >

ボブ・ゲルドフ率いるブームタウン・ラッツが36年ぶりの新アルバムを2020年3月発売

2019/12/12 10:52掲載
The Boomtown Rats / Citizens of Boomtown
The Boomtown Rats / Citizens of Boomtown
ボブ・ゲルドフ(Bob Geldof)率いるブームタウン・ラッツ(The Boomtown Rats)が36年ぶりの新アルバム『Citizens of Boomtown』を海外で2020年3月13日発売。リリース元はBMG。

ブームタウン・ラッツは1986年に一旦解散しますが、2013年に再結成しています。

現在のメンバーはヴォーカルのボブ・ゲルドフ、ギタリストのギャリー・ロバーツ、ベーシストのピート・ブリケット、ドラマーのサイモン・クローの4人。

スタジオ・アルバムのリリースは1984年の『In the Long Grass』以来。新作はメンバーのピート・ブリケットがプロデュースしています。このアルバムからの1stシングルは「Trash Glam, Baby」で1月10日にリリースされます。

バンドは声明で

「なぜ新しいレコードが必要なのか?それがバンドの仕事だから。レコードを作り、ソングライターは曲を書く。僕たちが住んでいるこの新しくて異なる熱気には、反応すべきことがたくさんある。人々は偉大な音楽活動家ウディ・ガスリーから僕たちの名前がついたことを忘れている。ブームタウン・ラッツは、ロックンロールが音楽活動の一形態であることを常に示してきたたとえそれが単なる音であるとしても、音楽には意図と目的がある」

と新作について説明しています。

ゲルドフはアルバムに加えて、新しい本『Tales of Boomtown Glory』もリリースします。ブームタウン・ラッツの歌詞や、ゲルドフのアーカイブ・ノートやゲルドフ自身によって書かれた彼の物語が掲載されます。海外で3月13日発売
■『Citizens of Boomtown』

01. Trash Glam, Baby
02. Sweet Thing
03. Monster Monkeys
04. She Said No
05. Passing Through
06. Here’s A Postcard
07. K.I.S.S.
08. Rock ‘n’ Roll Yé Yé
09. Get A Grip
10. The Boomtown Rats