HOME > ニュース >

U2 12/5日本公演で中村哲医師を追悼 サイモン&ガーファンクル「The Boxer」をカヴァー

2019/12/06 08:55掲載(Last Update:2019/12/06 19:36)
U2 THE JOSHUA TREE TOUR 2019
U2 THE JOSHUA TREE TOUR 2019
U2は、12月5日のさいたまスーパーアリーナ公演にて、アフガニスタンで銃撃されて亡くなった日本人医師・中村哲を追悼しています。

ボノは4曲目の「Bad」の演奏中に語りはじめ、前夜のショーは素晴らしかったが、この夜は特別だと話しています。「今夜は(この悲しみを)乗り越えたい。“transcend”をどうやって翻訳したらいいのかわからないけど、気持ちはわかる。このスポーツアリーナを大聖堂に変えてみよう」 と語り、ボノの呼びかけで観客が一斉にスマートフォンのライトをともし、中村氏の死を悼みました。

ボノは何度も名前を口にして中村氏やNGO「ペシャワール会」を称賛し、バンドはその後、サイモン&ガーファンクル(Simon and Garfunkel)の「The Boxer」を少しだけカヴァー。その後に「Pride (In the Name of Love)」を演奏し、バンドは通常のセットリストに戻ります。

映像あり