HOME > ニュース >

マイケル・モンローがザ・ポーグス「Fairytale Of New York」をカヴァー

2019/11/17 15:25掲載
Michael Monroe
Michael Monroe
ハノイ・ロックス(Hanoi Rocks)での活躍でも知られるマイケル・モンロー(Michael Monroe)が、ザ・ポーグス(The Pogues)カースティ・マッコール(Kirsty MacColl)の「Fairytale Of New York(邦題:ニューヨークの夢)」をカヴァー。マイケルはフィンランドの女性シンガーソングライター、サーラ・アールト(Saara Aalto)の最新クリスマス・アルバム『Fairytale: Joulun taikaa』のために、この曲をサーラと一緒にカヴァーしています。サーラはヴォーカルのほか、ピアノ、ハープ、サックスを演奏しています。音源あり。

なお、「Fairytale Of New York」は英国では定番のクリスマス・ソングですが、マイケルによると、フィンランドではほとんど知られていないそうです。