HOME > ニュース >

元ソニック・ユースのリー・ラナルドの新作はラウル・レフリーとのコラボ作、新曲MVあり

2019/11/14 17:38掲載
Lee Ranaldo & Raül Refree  - photo by Ari Marcopoulos
Lee Ranaldo & Raül Refree - photo by Ari Marcopoulos
ソニック・ユース(Sonic Youth)での活躍でも知られるリー・ラナルド(Lee Ranaldo)の新作は、スペインのミュージシャン/プロデューサー、ラウル・レフリー(Raül Refree)とのコラボレーション・アルバム『Names of North End Women』。海外で2020年2月21日発売。リリース元はMute。

もともとはリー・ラナルドの新しいソロ・アルバムを制作するために一緒にスタジオに入った2人ですが、すぐにコラボレーション作品へと発展。ラナルドはこのアルバムを「新しいパートナーシップ、新しい形態の始まり」と呼んでいます。

ギタリストとして有名なラナルドですが、この作品ではギターをほとんどフィーチャーしておらず、その代わり、マリンバ、ビブラホン、サンプラー、ビンテージ・2インチ・スタッダー・テープレコーダー、そして「ラナルドが25年前に使用していた改造型カセット・マシン」でアルバムを作っています。

この作品から新曲「Names of North End Women」のミュージックビデオが公開されています

●『Names of North End Women』

1. Alice, Etc.
2. Words out of the Haze
3. New Brain Trajectory
4. Humps
5. Names of North End Women
6. Light Years Out
7. The Art of Losing
8. At The Forks