HOME > ニュース >

遺族公認フォト・バイオグラフィー『フレディ・マーキュリー 写真のなかの人生 〜The Great Pretender』日本語版発売決定

2019/11/09 18:32掲載
フレディ・マーキュリー 写真のなかの人生 〜The Great Pretender
フレディ・マーキュリー 写真のなかの人生 〜The Great Pretender
フレディ・マーキュリー(Freddie Mercury)の生涯を、数々の秘蔵写真と読み応えのある文章で追う遺族公認フォト・バイオグラフィー『Freddie Mercury The Great Pretender: A Life In Pictures』(2012年)の日本語版が発売決定。邦題は『フレディ・マーキュリー 写真のなかの人生 〜The Great Pretender』。光文社から11月19日発売。

本書はもともと、ドキュメンタリー『クイーン フレディ・マーキュリー神話〜華麗なる生涯〜(原題:Freddie Mercury The Great Pretender)』にあわせて海外で出版されたもの。海外でも2019年に復刻されています。

このドキュメンタリーは、生前のフレディ・マーキュリーのインタビュー映像をふんだんに使い、メンバーや関係者の談話を交えながら、ソロ・アーティストとしてのキャリア、そして彼の人生を掘り下げた作品です。

フォト・バイオグラフィー『Freddie Mercury The Great Pretender: A Life In Pictures』の編纂は、長年にわたってクイーンに携わる写真家/グラフィックデザイナーのリチャード・グレイ。前書きは、大のクイーン通で、ドキュメンタリーをプロデュースしたリース・トーマス、そして復刻版には、映画『ボヘミアン・ラプソディ』でフレディ役を務めたラミ・マレックによる新たな序文が掲載されます。日本語版にはラミ・マレックの序文を掲載
■『フレディ・マーキュリー 写真のなかの人生 〜The Great Pretender』
川崎大助 (翻訳)

<訳者略歴>
川﨑大助(かわさきだいすけ)
1965年生まれ。作家。88年、音楽雑誌「ロッキング・オン」にてライター・デビュー。93年、
インディー雑誌「米国音楽」を創刊。執筆のほか、編集やデザイン、DJ、レコード・プロデュースも
おこなう。2010年よりビームスが発行する文芸誌「インザシティ」に短編小説を継続して発表。著書に
『東京フールズゴールド』
『フィッシュマンズ 彼と魚のブルーズ』(ともに河出書房新社)、
『日本のロック名盤ベスト100』(講談社現代新書)、
『教養としてのロック名盤ベスト100』
(光文社新書)がある。
Twitterは@dsk_kawasaki