HOME > ニュース >

ビートルズのアルバムカヴァーで知られる写真家ロバート・フリーマンが死去

2019/11/09 10:57掲載
With The Beatles, Robert Freeman
With The Beatles, Robert Freeman
ビートルズ(The Beatles)のアルバムカヴァー写真で知られるイギリスの写真家、ロバート・フリーマン(Robert Freeman)が死去。ビートルズのSNSページで発表。死因は明らかにされていません。82歳でした。フリーマンは2014年に重度の脳卒中を患ったと言われています。

フリーマンは1938年生まれ。キャリアの初期、彼はサンデー・タイムズのフォトジャーナリストとして働いた。プロの写真家としては、1960年代初めにビートルズと仕事を始めたときに始まりました。フリーマンは、今や伝説的な『With The Beatles』『A Hard Day's Night』『Beatles For Sale』『Help!』『Rubber Soul』などを撮影。彼はまた、ジョン・コルトレーン(John Coltrane)、モハメド・アリ、アンディ・ウォーホル(Andy Warhol)、チャールトン・ヘストンなど、ポップカルチャーの重要人物の写真を撮影した。

訃報を受け、ポール・マッカートニー(Paul McCartney)は自身の公式サイトに「親愛なるロバート・フリーマンが亡くなりました。彼はビートルズ時代の僕たちのお気に入りの写真家の一人で、僕たちの最も象徴的なアルバムカヴァーのいくつかを思いついた」「僕はこの素晴らしい男を恋しく思うでしょうが、彼についての懐かしい思い出ををいつも大切にします」と追悼のコメントを掲載しています。全文はこちら