HOME > ニュース >

映画『ザ・タイガース 世界はボクらを待っている』 東京で3日間限定上映決定

2019/10/29 11:37掲載
ザ・タイガース 世界はボクらを待っている ©1968 東宝
ザ・タイガース 世界はボクらを待っている ©1968 東宝
東京・立川のシネマシティの<選ぶシリーズ>。第8回はサエキけんぞうのセレクトで、映画『ザ・タイガース 世界はボクらを待っている』が上映されます。この映画は、60年代当時人気絶頂のザ・タイガースの「君だけに愛を」「モナリザの微笑」「花の首飾り」「銀河のロマンス」ほかヒット曲11曲を収録した映画初主演作品。今回は35ミリプリント上映です。

<選ぶシリーズ>は、立川直樹(ディレクター/プロデューサー)によって選ばれたメンバーが、映画をセレクション。原則初日に上映と合わせて、その映画にまつわるトークを行い、作品をより立体化しようという映画・音楽ファンのための企画。

『ザ・タイガース 世界はボクらを待っている』は11月19日(火)〜21日(木)の3日間限定上映。11月19日のみ、サエキけんぞう・立川直樹によるトークも予定されています。

立川直樹プロデュース【選ぶシリーズ】My Special Selection

立川直樹(ディレクター/プロデューサー)によって選ばれたメンバーが、映画をセレクション。原則初日に上映と合わせて、その映画にまつわるトークを行い作品をより立体化する。

第8回上映作品 選ぶひと:サエキけんぞう

●『ザ・タイガース 世界はボクらを待っている』

 60年代当時人気絶頂のザ・タイガースの「君だけに愛を」「モナリザの微笑」「花の首飾り」「銀河のロマンス」ほかヒット曲11曲を収録した、映画初主演作品を35ミリプリント上映。

 ザ・タイガースの初主演映画にして“GS映画”の最高峰とも。
 ザ・タイガースのサウンドが響き渡る東京の夜空。強烈なエレキビートの音波に宇宙船が墜落。降りて来たのは、アンドロメダ星の王女・シルビィ。
 ファンにもまれ失神してしまったたシルビィを助けたのは、ジュリーだった!

監督■和田嘉訓
脚本■田波靖男
音楽■森岡賢一郎・すぎやまこういち
出演■ザ・タイガース(沢田研二・加橋かつみ・瞳みのる・森本太郎・岸部おさみ)/久美かおり
©1968 東宝

日時■2019年11月19日(火)20日(水)21日(木) 3日間限定上映
※11/19(火)のみ18:50スタート確定
※サエキけんぞう・立川直樹によるトークの後に上映を予定。
※11/20(水)21(木)は映画上映のみ。
上映時間は11/12(火)以降にホームページでご確認下さい。
会場■シネマ・ツー/cスタジオ
料金■通常料金 ※各種割引適用
チケット■通常スケジュールで予約・販売

詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
https://ccnews.cinemacity.co.jp/selection-series-1911/