HOME > ニュース >

ウォルター・ベッカーのギターとアンプの膨大なコレクション、トータル3億6000万円で落札

2019/10/22 13:40掲載
Guitars auctioned from the estate of Walter Becker by Julien's Auctions on Oct. 18 and 19, 2019 - Photo by Pamela Chelin
Guitars auctioned from the estate of Walter Becker by Julien's Auctions on Oct. 18 and 19, 2019 - Photo by Pamela Chelin
スティーリー・ダン(Steely Dan)で知られるウォルター・ベッカー(Walter Becker)のギターとアンプの膨大なコレクションは、先週末にオークションにかけられ、トータルで330万ドル(約3億6000万円)で落札されています。

「Property From The Estate of Walter Becker auction」と題されたオークションは、米競売のジュリアンズ・オークションズ(Julien's Auctions)によって10月18日と19日の2日間にわたって行われています。

米ビルボード誌によると、ウォルター・ベッカーの遺産を管理するエステートは今回のオークションに、600本のギター、400個のアンプなどを出品。このような膨大なギターとアンプが出品されるのは、ジュリアンズ・オークションズの17年の歴史の中でも初めてとのこと。

オークションで最も高価で落札されたのは、ベッカーのお気に入りのギターの一つで、よくライヴで演奏していた、ストラトキャスタースタイルのカスタムギター。ベッカーが2011年にニューヨークに拠点を置くギターメーカーのChihoe Hahnから3,400ドルで購入したもので、今回68,750ドル(約747万円)で落札されています。

このほか、スティーリー・ダンのアルバム『Aja』のライナー写真に掲載された1957年フェンダー・デュオソニック・ギターは57,600ドル(約626万円)、彼の自宅で使用されたペダルボードは32,000ドル(約347万円)、スティーリー・ダンの楽曲にちなんで「Josie」と呼ばれ、ベッカーが1996年のツアーほかで使用したサドウスキーのテレキャスター・スタイル・ギターは24,600ドル(約267万円)で落札されています。