HOME > ニュース >

INXS マイケル・ハッチェンスの新ドキュメンタリー映画『Mystify』 本編クリップ映像「Kylie」公開

2019/10/17 19:12掲載(Last Update:2019/10/17 19:47)
Mystify:  A Musical Journey with Michael Hutchence
Mystify: A Musical Journey with Michael Hutchence
1997年に亡くなった、INXSのリードシンガー、マイケル・ハッチェンス(Michael Hutchence)の新しいドキュメンタリー映画『Mystify』。カイリー・ミノーグとの関係について語られている本編クリップ映像が公開



ドキュメンタリーの監督は、INXSの初期ミュージックビデオを手がけたオーストラリア出身のリチャード・ローウェンスタイン。

映画では、子供の頃から世界的な名声、1997年の悲劇的な死まで、オーストラリアの音楽シーンで最大のロックスターの人生が描かれています。元ガールフレンドのカイリー・ミノーグ(Kylie Minogue)U2ボノ(Bono)らも出演し、ハッチェンスについて語っています。

映画は海外で10月18日に上映。

この映画のサウンドトラック・アルバム『Mystify: A Musical Journey with Michael Hutchence』には、ハッチェンスのヒット曲、レア音源、隠れた名曲などに加え、ハッチェンスの未発表曲2曲も収録。リリース元はPetrol Records。

サウンドトラック・アルバム『Mystify: A Musical Journey with Michael Hutchence』はSpotify、Apple Musicで全曲リスニング可





以下は以前に公開された映像

ドキュメンタリーのトレーラー映像


ハッチェンスのレア曲「Spill The Win」の新規制作リリックビデオ。この曲はもともと1996年にリリースされた『Barb Wire』のサウンドトラック・アルバムに提供したもの。エリック・バードン&WARのカヴァー