HOME > ニュース >

ヴァン・ヘイレンのデヴィッド・リー・ロス 「ヴァン・ヘイレンは終わったと思う」

2019/10/01 09:12掲載
Van Halen
Van Halen
ヴァン・ヘイレン(Van Halen)デヴィッド・リー・ロス(David Lee Roth)は、米デトロイトのラジオ局WRIFの番組のインタビューの中で、今夏に噂されていたヴァン・ヘイレンのリユニオンについて尋ねられ、「ヴァン・ヘイレンは終わったと思う」と語っています。

デイヴは噂されたヴァン・ヘイレンのリユニオン・ツアーについて「何度もキャンセルされた。ヴァン・ヘイレンは終わったと思う。これが次の段階だ」と語り、来年に自身が行うラスベガスでの定期公演が現在のデイヴにとっての現在進行形のプロジェクトであると説明。デイヴはまた「それが何を意味するにせよ、バンドを事実上受け継いでいる。受け継いでいるなら、これを誇らしげに実行するという意味だと思う。ヴァン・ヘイレンは、あなたが知っているようなやり方で戻ってくることはない。そうは言っても、エディは彼自身のストーリーを持っている。それは俺のものではない」とも語っています。