HOME > ニュース >

ペンギン・カフェが新曲「Chapter」のミュージックビデオを公開

2019/09/12 10:03掲載
Penguin Cafe
Penguin Cafe
ペンギン・カフェ・オーケストラ(Penguin Cafe Orchestra)の創設者サイモン・ジェフスの息子アーサー・ジェフスを中心にしたグループ、ペンギン・カフェ(Penguin Cafe)。新曲「Chapter」のミュージックビデオを公開。この曲は新アルバム『Handfuls of Night』に収録



アルバムは海外で10月4日発売。リリース元はErased Tapes。

スタジオ・アルバムのリリースは2017年の『The Imperfect Sea』以来。

新作は、グループのリーダーであるアーサー・ジェフスが南極を旅をしたことから着想を得た作品。国際環境NGOグリーンピースの依頼でジェフスが4種類のペンギンを題材にした4曲を書いたことから始まり、その後、このアルバムの核となっています。

以下は以前に公開された音源

「At the Top of the Hill, They Stood...」


以下リリース決定時のインフォメーションより

Penguin Cafe 2年振りの新作は南極のペンギン達に捧げる作品

メランコリックなメロディーに透明感のあるフォークトロニカ、そしてサウンドトラックを想わせる壮大なイメージ。ペンギンを擬人化した世界を妄想したアーサー・ジェフスの世界観とは

雰囲気のあるアンビエント・ピアノ曲"Winter Sun"と"Midnight Sun"に挟まれて、アルバムはメランコリックでありながらアップビートなリードトラック"At the Top of the Hill、They Stood"、...壮大なサウンドトラックのようなイメージの"Chapter"、透明感のあるフォークトロニカ"Pythagorus on the Line Again"など、彼らの楽曲を象徴するコンテンポラリーなクラシックサウンドを組み合わせて氷河のミニマリズムを足取り軽く横断。それはハーモニクスの原理に基づいた1993年のペンギン・カフェ・オーケストラによる作品『Union Cafe』の場所に戻ってきた事を意味するのです。メロディーが異世界の広がりを呼び起こします。ミニマリズム、クラウトロック、そこにレーベルメイトであるルボミール・メルニクによるピアノなどが加わり全体に微妙に変化するリズムの繰り返しがあります。アーサーは影響を受けた自身の旅行経験を反映した楽曲を形作ることで、円を描くような動きのあるアルバムを作り上げました。
●『Handfuls of Night』

1. Winter Sun
2. Chinstrap
3. Chapter
4. Adelie
5. At the Top of the Hill, They Stood...
6. Pythagoras on the Line Again
7. The Life of an Emperor
8. Gentoo Origin
9. Midnight Sun