HOME > ニュース >

米モンタナ州の警察では高速道路から野生のバイソンを遠ざけるためにAC/DC「Hells Bells」を使用

2019/09/12 09:57掲載
写真はGallatin County Sheriff's Officeより
写真はGallatin County Sheriff's Officeより
米モンタナ州の警察では、高速道路から野生のアメリカバイソン(北アメリカにいるウシの仲間)を遠ざけるためにAC/DCの「Hells Bells」を使用しています。

ギャラティン郡保安官事務所(Gallatin County Sheriff's Office)はFacebookページにて、次のように語っています。

ウエスト・イエローストーン周辺の保安官には、バイソンを高速道路から誘導して誰も怪我をしないようにするなど、珍しい任務が伴う。道路上でバイソンに遭遇すると、彼らはライトをつけてサイレンを鳴らし、動物に警笛で道路から出るように促します。あまり気乗りしない消極的なバイソンには、スピーカーからAC/DCの“Hells Bells”を流すことで知られています。これは通常うまくいくようです。