HOME > ニュース >

エヴリシング・バット・ザ・ガール『Walking Wounded』 180g重量盤LP再発、ハーフスピード・マスター盤

2019/09/07 15:32掲載
Everything But the Girl / Walking Wounded
Everything But the Girl / Walking Wounded
エヴリシング・バット・ザ・ガール(Everything But the Girl)が、エレクトロニック・ミュージックの要素を前面に押し出した1996年のアルバム『Walking Wounded(邦題:哀しみ色の街)』。180グラム重量盤アナログレコードで再発。英ロンドンのアビーロードスタジオのハーフスピード・スペシャリストであるMiles Showellによって、オリジナルテープからハーフスピード・マスタリングが行われたハーフスピード・マスター盤。海外で11月8日発売。トレーラー映像あり



●『Walking Wounded』

Side 1

Before Today
Wrong
Single
The Heart Remains a Child
Walking Wounded

Side 2

Flipside
Big Deal
Mirrorball
Good Cop Bad Cop