HOME > ニュース >

NYのユニークなギターショップのドキュメンタリー『カーマイン・ ストリート・ギター』 ジュリー・バーン、スティーブ・ガンらの演奏映像公開

2019/08/16 18:19掲載
カーマイン・ ストリート・ギター (c)MMXVIII Sphinx Productions.
カーマイン・ ストリート・ギター (c)MMXVIII Sphinx Productions.
ニューヨークの建物の廃材で世界にひとつのギターを作るユニークなギターショップに、ジム・ジャームッシュ、ビル・フリゼール、マーク・リボーなどが来店。ニューヨークにあるギターショップのドキュメンタリー映画『カーマイン・ ストリート・ギター』から、アウト・オブ・シーンとして、ジュリー・バーン、スティーブ・ガン、ザ・セイディースのダラス・グッド&トラヴィス・グッドの演奏映像が公開

●NY拠点のSSW、ジュリー・バーンの演奏シーン


●スティーブ・ガンの演奏シーン


●本作に楽曲提供をしているザ・セイディースのメンバー、ダラス・グッド、トラヴィス・グッドの演奏シーン


■『カーマイン・ ストリート・ギター』
8月10(土)、新宿シネマカリテ、シアター・イメージフォーラムほか全国順次ロードショー

●伝説のギタリストたちを虜にする職人は、建物のヴィンテージ廃材から、世界でひとつのギターを生み出す。

グリニッジ・ヴィレッジに位置する「カーマイン・ストリート・ギター」。 店員は、パソコンも携帯も持たないギター職人のリック・ケリーと、パンキッシュな装いの見習いシンディ、そしてリックの母親の3人のみ。世界中のギタリストを魅了する、 この店だけの“ルール”―それは、ニューヨークの建物の廃材を使ってギターを作ること。チェルシー・ホテル、街で最古のバー・マクソリーズ……、それらは長年愛されてきた街のシンボル。 工事の知らせを聞きつけるたび現場からヴィンテージ廃材を持ち帰るリックは、傷も染みもそのままにギターへ形を変えるのだった。 足早に表情を変えゆくニューヨークと、変わらずにあり続けるギターショップの愛に満ちたドキュメンタリー。

●ルー・リードやボブ・ディランも来店!そのギターを手にすれば、誰もが笑顔溢れ出す。

ルー・リード、ボブ・ディラン、パティ・スミスら大御所がリックのギターを愛用。劇中ではビル・フリゼール、マーク・リーボウ、チャーリー・セクストンなど、人気ギタリストたちが次々と来店。彼らがリックのギターを手にし、幸せそうに演奏する姿が贅沢に収められている。 さらには、ニューヨーク・カルチャーを牽引する映画監督、ジム・ジャームッシュの姿も。ギタリストたちを魅了し続ける、ユニークなギターショップの1週間が映し出される。


以下は以前に公開された映像

本編クリップ映像。ジム・ジャームッシュがギターを背負って来店


予告編映像
■『カーマイン・ ストリート・ギター』

第75回ヴェネチア国際映画祭 正式出品
ロン・マン監督作(『ロバート・アルトマン/ハリウッドに最も嫌われ、そして愛された男』)

出演:リック・ケリー、ジム・ジャームッシュ(スクワール)、ネルス・クライン(ウィルコ)、カーク・ダグラス(ザ・ルーツ)、ビル・フリゼール、マーク・リーボウ、チャーリー・セクストン(ボブ・ディラン・バンド)ほか

音楽:ザ・セイディース
原題:Carmine Street Guitars

公式サイト:http://www.bitters.co.jp/carminestreetguitars/

(c)MMXVIII Sphinx Productions.