HOME > ニュース >

元ジューダス・プリーストのK・K・ダウニング 10年ぶりにステージで演奏、映像がネットに

2019/08/12 09:48掲載(Last Update:2019/08/13 09:57)
K.K. Downing
K.K. Downing
ジューダス・プリースト(Judas Priest)のギタリスト、K・K・ダウニング(K.K. Downing)が10年ぶりにステージで演奏。ダウニングは8月11日、英国のメタル・フェスティバル<Bloodstock Open Air festival 2019>にて、元マノウォー(Manowar)ロス・ザ・ボス(Ross "The Boss" Friedmann)のステージにゲスト参加。ジューダス・プリーストの「Green Manalishi」「eading Out On The Highway」「Breaking The Law」「Running Wild」の演奏に加わっています。ファン撮影の映像あり。

ダウニングがステージでライヴ・パフォーマンスを行うのは、2009年10月17日に日本で開催された<LOUD PARK>にジューダス・プリーストのメンバーとして参加して以来。

【Update:2019/08/13 09:57】
ダウニングのYouTubeチャンネルにて、当日の映像3本が公開。いずれもステージ横からスタッフが撮影した映像

●スタッフ撮影映像







●ファン撮影映像