HOME > ニュース >

NHK 『カラーでよみがえるアメリカ』第2集放送決定 「ハリウッド誕生」「スポーツ娯楽大国」ほか計4本

2019/08/03 13:30掲載
America in Color (Season 2) Hollywood’s Golden Age
America in Color (Season 2) Hollywood’s Golden Age
個人所蔵などで埋もれていた膨大なフィルムを発掘。カラー化してアメリカの20世紀の歩みに新たな光を当てるNHK BS1のシリーズ『カラーでよみがえるアメリカ』。このシリーズが装い新たに第2集で登場。『再びカラーでよみがえるアメリカ』はNHK BS1の「BS世界のドキュメンタリー」枠で8月20日(火)深夜より放送。ラインナップは、映画の都ハリウッドの誕生からの秘話を往年の大スター総登場でたどる「ハリウッド誕生」ほか、「大西部への道」「マフィアの暗黒史」「スポーツ娯楽大国」の計4本。

「BS世界のドキュメンタリー」枠では、第1集『カラーでよみがえるアメリカ』の再放送も予定しています。

■『再びカラーでよみがえるアメリカ : ハリウッド誕生』
NHK BS1 2019年8月21日(水)午前0時00分〜

人気シリーズが装い新たに第2集で登場。アメリカン・ドリームを作って売る映画の都ハリウッドの誕生からの秘話を、往年の大スター総登場でたどるエンタメ歴史ドキュ決定版。



LAの田園地帯に巨大スタジオが進出したのは20世紀はじめ。第1回アカデミー映画祭が1929年に開催され、映画産業は隆盛を極めていく。「女優教室」では、歩き方やキスの仕方を指南し、第二次世界大戦では銀幕スターが政府の意を受けて戦意高揚に貢献した。名子役シャーリー・テンプルにはじまり、大女優が魅了した撮影現場の表と裏の変遷が生き生きと目の前によみがえってくる。やがては人種や性差別の撤廃への動きも・・・

原題:America in Color (Season 2) Hollywood’s Golden Age
制作:SNI / SI Networks、Arrow International Media (アメリカ 2018年)

■『再びカラーでよみがえるアメリカ : 大西部への道』
NHK BS1 2019年8月22日(木)午前0時00分〜

人気シリーズが再登場。アメリカが西へ西へとフロンティアを広げっていった時代。知られざるエピソード満載の開拓史が色鮮やかによみがえる。



20世紀初頭のアメリカ西部。先住民の人口が激減する中で、その文化風習や白人社会との関わりが撮影された貴重映像。さらに、巨大インフラ事業を推奨したルーズベルト大統領のもと進められたフーバーダムや鉄道の建設など後世に残る大事業の記録。産業の発展の一方で、劣悪な労働環境や移民の流入で引き起こされた人種差別や労働闘争などの新たな社会問題。知られざるエピソードと貴重映像で綴る西部開拓の物語。

原題:America in Color (Season 2) The Wild West
制作:SNI / SI Networks、Arrow International Media (アメリカ 2018年)

■『再びカラーでよみがえるアメリカ : マフィアの暗黒史』
NHK BS1 2019年8月27日(火)午前0時00分〜

人気映画で描かれたマフィアや暗黒街の物語が、発掘されカラー化されたフィルムでリアルによみがえる。「禁酒法」「船舶カジノ」や、アル・カポネなど悪名高いボスが勢揃い!



映画「ゴッドファーザー」や「アンタッチャブル」では、裏社会を牛耳るマフィアが「禁酒法」をきっかけに勢力を伸ばした。記録映像には、海で高速船を使って酒類を取り引きし、警察を出し抜く様子が残されている。陸での規制を逃れるため、巨大船を改造した洋上カジノは富裕層であふれ、NYの市長選にも犯罪集団の影が・・・しかし、1960年代に「オメルタ=沈黙の掟」を破って構成員が議会で証言。栄枯盛衰を印象づけていく。

原題」America in Color (Season 2) Organized Crime
制作:SNI / SI Networks、Arrow International Media (アメリカ 2018年)

■『再びカラーでよみがえるアメリカ : スポーツ娯楽大国』
NHK BS1 2019年8月28日(水)午前0時00分〜

野球やフットボールなどのスポーツやディズニーランドに代表されるレジャーが巨大娯楽産業として発展していった20世紀のアメリカ。その貴重映像がカラー化してよみがえる。



スポーツ観戦やレジャーなど様々な巨大娯楽産業が花開いたアメリカの20世紀。ボクシングのヘビー級タイトルマッチでは2万人収容のアリーナが埋め尽くされ、大統領の決断で戦時中も続けられたメジャーリーグは観客を熱狂させた。さらに、最初のディズニーランドがオープンするなど、レジャーが生活の中に確立されていった時代でもあった。貴重映像をカラー化して綴る華やかなるスポーツとレジャー大国アメリカの物語。

原題:America in Color (Season 2) Playtime
制作:SNI / SI Networks、Arrow International Media (アメリカ 2018年)

■『カラーでよみがえるパリ 〜ベルエポック 1900〜』
初回放送:NHK BS1 2019年4月18日
再放送:NHK BS1 2019年8月7日(水)午後5時00分〜

エッフェル塔、パリ万博、映画の発明・・・パリが“最も光輝いていた”とされる1900年のベル・エポック時代のフイルムを修復、カラー化して鮮やかにタイムスリップする。

セーヌ川にかかる橋を、当時は茶色の車体だったメトロが渡る。大通りには馬車の姿があり、着飾ったご婦人がたがパラソル姿で歩く。産業革命で経済は活気づき、コルセットから解き放たれた女性が社会進出。黎明期のツール・ド・フランスに市民が熱狂する。リュミエール兄弟が映画を発明し、上流階級から労働者に至る人々の暮らしぶりが記録された。古き良き時代のフランスが、総天然色で目の前によみがえってくるファン必見の作品。

原題:Paris 1900 The City of Lights
制作:Compagnie des Phares et Balises (フランス 2018年)

■『カラーでよみがえるアメリカ 1920年代』
初回放送:NHK BS1 2017年12月5日
再放送:NHK BS1 2019年8月8日(木)午後5時00分〜

個人所蔵などで埋もれていた膨大なフィルムを発掘。カラー化してアメリカの20世紀の歩みに新たな光を当てる全5回シリーズ。超大国の社会風俗が色鮮やかに目の前に広がる。

第1話は黄金の1920年代。ヘンリー・フォードによる自動車の大量生産などでアメリカ経済は急成長。禁酒時代のシカゴではアル・カポネが君臨。地下の酒場ではジャズが花開く。参政権を得た女性たちが、派手なメイクで社会に進出する一方で、黒人敵視のKKKが台頭。29年、エンパイア・ステート・ビルが建つニューヨークを株の大暴落が襲い、華やかな変革に彩られた時代が幕を閉じる。

原題:America in Color: 1920s
制作:SNI / SI Networks / 、Arrow International Media(アメリカ 2017年)

■『カラーでよみがえるアメリカ 1940年代』
初回放送:NHK BS1 2017年12月7日
再放送:NHK BS1 2019年8月14日(水)午後5時00分〜

個人所蔵などで埋もれていた膨大なフィルムを発掘。カラー化してアメリカの20世紀の歩みに新たな光を当てる全5回シリーズ。超大国の社会風俗が色鮮やかに目の前に広がる。

シリーズ3回目の1940年代は、ナチスのフランス占領に始まり、太平洋でも戦線が拡大。真珠湾では、アリゾナ号を長期取材していたフォックスのカメラマンが350機を超す日本の戦闘機が飛来する瞬間を捉えた。本土では、徴兵や戦時公債の機運がハリウッドスターらも巻き込みながら広がり、日系人は収容所へ。マンハッタン計画の元での原爆開発も・・・そして、戦後、アメリカは反共に傾いていく。

原題:America in Color: 1940s
制作:SNI / SI Networks / 、Arrow International Media(アメリカ 2017年)

■『カラーでよみがえるアメリカ 1950年代』
初回放送:NHK BS1 2017年12月8日
再放送:NHK BS1 2019年8月16日(金)午後5時00分〜

個人所蔵などで埋もれていた膨大なフィルムを発掘。カラー化してアメリカの20世紀の歩みに新たな光を当てる全5回シリーズ。超大国の社会風俗が色鮮やかに目の前に広がる。

第4作=1950年代は、アメリカが世界の頂点に立つ時代。アメリカン・ドリーム、ベビーブーム、郊外の住宅街開発、各家庭にテレビ・・・夢や希望が全米にあふれた。朝鮮戦争では、トルーマンと対立したマッカーサーが「老兵は死なず」と語って軍を去る。赤狩りの波は政財界からハリウッドへ。黒人音楽をベースにしたロックンロール、そしてプレスリー旋風・・・宇宙開発では、先行するソ連との間で競争が激しくなっていく。

原題:America in Color: 1950s
制作:SNI / SI Networks / 、Arrow International Media(アメリカ 2017年)

■『カラーでよみがえるアメリカ 1960年代』
初回放送:NHK BS1 2017年12月9日
再放送:NHK BS1 2019年8月22日(木)午後5時00分〜

個人所蔵などで埋もれていた膨大なフィルムを発掘。カラー化してアメリカの20世紀の歩みに新たな光を当てる全5回シリーズ。超大国の社会風俗が色鮮やかに目の前に広がる。

シリーズ最終回は、番組枠を通常より1日延ばす形で放送。1960年、大統領選挙で初めてテレビ討論が行われ、7千万人が視聴する中、ケネディがニクソンを圧倒。外交では、キューバ危機やベトナム戦争、国内では、キング牧師らによる公民権運動で、超大国は激動を続ける・・・若い世代は、ヒッピーに代表されるカウンターカルチャーに染まり、宇宙開発では、月面着陸に成功した米国が、ソ連との競争に決着をつけていく。

原題:America in Color: 1960s
制作:SNI / SI Networks / 、Arrow International Media(アメリカ 2017年)

■番組ページ:
https://www6.nhk.or.jp/wdoc/index.html