HOME > ニュース >

<Woodstock 50> 開催中止を正式発表

2019/08/01 04:36掲載
Woodstock 50
Woodstock 50
1969年<ウッドストック・フェスティバル>の50周年を記念したフェスティバルのひとつとして予定されていた<Woodstock 50>が開催中止を正式発表。米ビルボード誌や米Variety、米Pitchforkがキャンセルを確認しています。

プレスリリースによると、フェスティバルの共同設立者であるマイケル・ラングは「予想していなかった一連の問題により、予約した素晴らしいラインナップと期待していた社会との関わりで、私たちが想像していたフェスティバルを開催することが不可能になったことを私たちは悲しんでいる」 と述べています。

<Woodstock 50>はもともと、米ニューヨーク州ワトキンズグレンにあるサーキット「ワトキンズ・グレン・インターナショナル(Watkins Glen International)」にて8月16日から8月18日にかけて開催される予定でしたが、さまざまな問題を抱え、フェスティバルの主要投資会社の一つであった電通イージス・ネットワークや最初のイベントプロデューサー、そして会場を失います。7月には新たな会場として米メリーランド州コロンビアのメリーウェザー・ポスト・パビリオン(Merriweather Post Pavilion)での開催を発表しましたが、予定されていた出演ラインナップはすべて白紙となり、出演予定だったアーティストたちの出演辞退が続いていました。