HOME > ニュース >

映画『ブレードランナー』 反逆レプリカントのリーダー役 俳優のルトガー・ハウアーが死去

2019/07/25 02:31掲載(Last Update:2019/07/30 10:39)
Rutger Hauer
Rutger Hauer
映画『ブレードランナー』でハリソン・フォードと対決するレプリカントのリーダー、ロイ・バッティ役を演じたオランダ出身の俳優、ルトガー・ハウアー(Rutger Hauer)が7月19日、オランダの自宅で死去。米Varietyは彼の代理人Steve Kenisに亡くなったことを確認しています。死因についての詳細は明らかにされていませんが、同サイトは短期間の病気で亡くなったと伝えています。75歳でした。

ルトガー・ハウアーはオランダのユトレヒト州ブルーケレン生まれ。両親は演劇学校の教師。アムステルダムで演劇学校に入学し演技を学び、卒業後、レパートリー劇団に参加し巡業に出る。1973年に主役を務めた映画『ルトガー・ハウアー/危険な愛』がオランダで大ヒットを記録。第46回アカデミー賞外国語映画賞にもノミネートされた。74年にはドラマ『ケープタウン』にて英語圏デビュー。数々の作品に出演した後、1982年に『ブレードランナー』の反逆レプリカントのリーダー役で多くの人気を集めた。『ヒッチャー』(1986年)の謎のヒッチハイカーなどでも知られる。カイリー・ミノーグの「On a Night Like This」のミュージックビデオにも出演した