HOME > ニュース >

ホリーズのアラン・クラークが20年ぶりに音楽活動を再開、29年ぶりの新アルバム発売、1曲試聴可

2019/07/13 13:38掲載
このニュースの他の関連写真
Allan Clarke / Resurgence
英ロックバンド、ホリーズ(The Hollies)の創設メンバーでリード・ヴォーカルを担当したヴォーカリストのアラン・クラーク(Allan Clarke)が20年ぶりに音楽活動を再開。29年ぶりの新ソロ・アルバム『Resurgence』を海外で9月20日に発売します。リリース元はBMG。この作品から新曲「Journey of Regret」が聴けます。

アラン・クラークは1999年、家族と過ごすために音楽業界から引退。英Uncut誌のインタビューによると、引退している間は、ホリーズの楽曲を歌うことはもうできないが、自分が書いた曲を歌う時がいつかくるかもしれないと考えていたとのこと。そして息子のトビーの助言もあって、もう二度とやらないと思っていたという音楽活動を再開させています。

ソロ・アルバムのリリースは1990年の『Reasons To Believe』以来

「Journey of Regret」
●『Resurgence』

1. Journey of Regret
2. You Broke My Heart
3. The Door Is Slowly Closing
4. I'll Just Keep On Walking
5. I'm Only Sleeping
6. Heart of Stone
7. I Don't Know the Reason
8. Don't Let Me Down
9. Long Cool Woman's Back in Town
10. I'm Comin' Home