HOME > ニュース >

キーン(Keane)が米TV番組で新曲「The Way I Feel」を披露

2019/06/14 11:00掲載(Last Update:2019/06/18 12:58)
Keane
Keane
英ロック・バンドのキーン(Keane)が米TV番組『The Late Late Show with James Corden』に出演しパフォーマンスを披露。曲は、7年ぶりの新アルバム『Cause and Effect』から「The Way I Feel」。映像あり



アルバムは海外で9月20日発売。リリース元はIsland Records。スタジオ・アルバムのリリースは2012年の『Strangeland』以来。

新作はインフォメーションによると

今作の誕生は、バンド自身にとっても予期せぬことだったという。キーンが2012年に4枚目のオリジナル・アルバム、そして2013年にベスト盤をリリースし、活動休止に入った後、フロントマンのトム・チャップリンは2枚のアルバムを発表し、ソロとしても成功を収めた。一方でトムは、キーンの創設メンバーでありメインのソングライターでもあるティム・ライス=オクスリーとまた一緒にクリエイティヴなことをしたいという気持ちが日に日に強くなった。トムがソロ活動中、ティムは、日々の楽しいことや苦しいことについて曲を作り続けることで自分自身を保っていたという。トム(Vo.)、ジェシー(Ba.)、リチャード(Ds.)の3人がティムが作った楽曲を一聴した際、すぐに“もう一度一緒にやりたい”という気持ちに全員がなったという。
ティムは、「キーンは“昔いたバンド”じゃない。今僕たちはたくさんのいい音楽を作ったところなんだ」と言うが、『コーズ&エフェクト』が正にそれにあたる作品だ。


以下は以前に公開された映像

「The Way I Feel」のミュージックビデオ。監督はケヴィン・ゴドレイ
●『Cause and Effect』

1. You’re Not Home
2. Love Too Much
3. The Way I Feel
4. Put the Radio On
5. Strange Room
6. Stupid Things
7. Phases
8. I’m Not Leaving
9. Thread
10. Chase the Night Away
11. I Need Your Love

[Deluxe Only]
12. New Golden Age (Bonus Track)
13. Difficult Year (Bonus Track)
14. The Way I Feel (Sea Fog Acoustic Session)
15. Stupid Things (Sea Fog Acoustic Session)
16. I’m Not Leaving (Sea Fog Acoustic Session)