HOME > ニュース >

ブルース・スプリングスティーン&Eストリート・バンドのクラレンス・クレモンズ 新ドキュメンタリー完成

2019/06/08 14:10掲載
Bruce Springsteen & Clarence Clemons
Bruce Springsteen & Clarence Clemons
ブルース・スプリングスティーン(Bruce Springsteen)の親友であり40年にもわたり共に活躍したEストリート・バンドのサックス奏者、クラレンス・クレモンズ(Clarence Clemons)。映画/エンターテインメント情報の米オンラインマガジンDeadlineによると、クレモンズのドキュメンタリー映画が完成。タイトルは『Clarence Clemons: Who Do I Think I Am ?』で、今年7月に米国の一部都市の映画館で上映された後、米国で8月17日にDVD/デジタルでリリースされる予定です。

監督はクレモンズの友人ニック・ミード。ドキュメンタリーにはビル・クリントン元米大統領、ジョー・ウォルシュ(Joe Walsh)ニルス・ロフグレン(Nils Lofgren)、クラレンスの甥ジェイク・クレモンズらがインタビュー出演しています。この作品では、スプリングスティーンとの40年にわたるキャリアのほか、クレモンズの晩年におけるスピリチュアルな探求についても紹介されており、音楽以外も含めてクレモンズの人生をカバーする内容となっています。