HOME > ニュース >

NHK『空港ピアノ』の新作はミネアポリス

2019/05/17 16:32掲載
NHK空港ピアノ「ミネアポリス」』(c)NHK
NHK空港ピアノ「ミネアポリス」』(c)NHK
NHK『空港ピアノ』の新作は、ミシシッピ川が流れるアメリカ・ミネアポリスの国際空港。到着ロビーに置かれた一台のピアノを弾く人々を、定点カメラで見つめる。どんな思いでどんな曲を弾くのか。BS1で5月19日(日)放送。

同日には『駅ピアノ』の「ロンドン」編が再放送されます。

■『空港ピアノ「ミネアポリス」』
NHK BS1 2019年5月19日(日) 午後10:00〜午後10:45(45分)

アメリカ・ミネアポリスの玄関口、セントポール国際空港。到着ロビーに1台のピアノが置かれ、訪れた人々が自由に音を紡いでいく。全米を飛び回る営業マン。空港で靴磨きをしている元バンドマン。翌日、コンテストに臨む音大生。アフガニスタンから移住した監察医。そして18歳の甥(おい)を交通事故で失ったフラワーショップの女性経営者。どんな思いで、どんな曲を弾いたのか。定点カメラとノーナレーションで見つめる。!

■『駅ピアノ「ロンドン」』
再放送:NHK BS1 2019年5月19日(日) 午前6:00〜午前6:46(46分)

ロンドンの中心部にあるセント・パンクラス駅。構内には1台のピアノが置かれていて、世界中から訪れた人々が自由に音を紡いでいく。ロシア出身のシステムエンジニア、パリから到着する親戚を出迎えに来た高校生、20年前にロンドンに移住したオーストラリア出身の金融コンサルタント、そして認知症の患者のために病院へ慰問演奏に出かける親子。どんな思いで、どんな曲を弾いたのか。定点カメラとノーナレーションで見つめる。

●番組ページ:
https://www4.nhk.or.jp/P5389/