HOME > ニュース >

『シャフト』『ワイルド・スピードX2』等 映画監督ジョン・シングルトンが死去、マイケル・ジャクソンのMVも監督

2019/04/30 08:26掲載
John Singleton
John Singleton
映画『ボーイズ’ン・ザ・フッド』『シャフト』『ワイルド・スピードX2』などで知られる映画監督ジョン・シングルトン(John Singleton)が死去。シングルトンは今月、脳卒中を起こし、昏睡状態が続いていました。彼の家族は4月29日、彼の生命維持装置を外すことを決め、同日に亡くなっています。51歳でした。

シングルトンは、1991年に『ボーイズ'ン・ザ・フッド』で監督デビュー。第64回アカデミー賞で監督賞と脚本賞の2部門でノミネートされた。監督賞ノミネートは史上最年少の24歳であり、またアフリカ系アメリカ人初だった。代表作は『ポエティック・ジャスティス/愛するということ』『ハイヤー・ラーニング』『フォー・ブラザーズ/狼たちの誓い』など。

マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)「Remember The Time」のミュージックビデオ/ショートフィルムの監督を担当しています。