HOME > ニュース >

デヴィッド・リー・ロスの愛犬ラス この世を去る

2019/04/29 11:45掲載
David Lee Roth and Russ
David Lee Roth and Russ
ヴァン・ヘイレン(Van Halen)のファン・サイトVHND(Van Halen News Desk)によると、ヴァン・ヘイレンのフロントマン、デヴィッド・リー・ロス(David Lee Roth)の愛犬ラス(Russ)がこの世を去っています。12歳でした。VHNDによると、ラスは最近、四肢すべてにひどい関節炎が発症し、動くことさえできなくなっていたようです。デヴィッドは、VHNDの読者のために、ラスについてのメッセージを録音し、ファンから寄せられた追悼に感謝しています。

ラスはオーストラリアン・キャトル・ドッグ。デヴィッドのブログに頻繁に登場し、ヴァン・ヘイレンの現在までの最後のツアーにも同行(日本やオーストラリアを含む)。デヴィッドが一時日本に住んでいた時にも一緒に日本で暮らしていました。

ラスはヴァン・ヘイレンのアルバムにも参加。VHNDによると、アルバム『A Different Kind Of Truth』(2012年)の楽曲「HoneyBabySweetieDoll」で、吠えるラスの鳴き声が使われています。

●「HoneyBabySweetieDoll」
※3分18秒あたり


●「David Lee Roth Thanks Fans, Shares Story About His Dog Russ」


●「David Lee Roth & His DOG SING!」2013年撮影