HOME > ニュース >

ロジャー・ウォーターズとニック・メイスンがライヴで共演、ピンク・フロイド初期楽曲を演奏

2019/04/19 12:57掲載(Last Update:2019/04/20 13:10)
Nick Mason's Saucerful Of Secrets with Roger Waters
Nick Mason's Saucerful Of Secrets with Roger Waters
ピンク・フロイド(Pink Floyd)で知られる2人、ロジャー・ウォーターズ(Roger Waters)ニック・メイスン(Nick Mason)がライヴで共演。ニックが初期のフロイド楽曲を演奏するために組んだ新バンド、Nick Mason's Saucerful Of Secretsの最新ライヴ(4月18日 米ニューヨーク)にロジャーがゲスト参加。アルバム『A Saucerful Of Secrets(邦題:神秘)』の収録曲「Set the Controls for the Heart of the Sun(邦題:太陽讃歌)」の演奏に加わっています。ファン撮影の映像あり。

Nick Mason's Saucerful Of Secretのメンバーは、ニック、スパンダー・バレエ(Spandau Ballet)のギタリストであるゲイリー・ケンプ(Gary Kemp)、元ザ・ブロックヘッズ(The Blockheads)のドラマーであるリー・ハリス(Lee Harris)、ピンク・フロイドのレギュラー・ライヴ/セッション・ベーシストであるガイ・プラット(Guy Pratt)、プロデューサー/作曲家のドン・ベケン(Dom Beken)。