HOME > ニュース >

サーフ・ギターの帝王ディック・デイルが死去

2019/03/18 06:43掲載(Last Update:2019/03/18 07:26)
Dick Dale
Dick Dale
サーフ・インストの創始者であり、キング・オブ・ザ・サーフ・ギターとも称されるディック・デイル(Dick Dale)が死去。訃報は米ウェストコーストの音楽サイトCalifornia Rockerによって最初に報告され、その後、英国の新聞The Guardianが3月16日の夜に亡くなったことを確認しています。81歳でした。California Rockerは、デイルは長年にわたって健康問題に苦しんでいたと伝えています。

ディック・デイルは、米マサチューセッツ州ボストン生まれ。父はレバノン人、母はポーランド人。1954年頃にボストンから、カリフォルニア州に移住。1958年にシングル「Ooh-Whee-Marie」でデビューし、1962年にはファースト・アルバムを発表。1962年のシングル「Misirlou」がヒット。1987年にはスティーヴィー・レイ・ヴォーンと「Pipeline」を発表。1994年にはクエンティン・タランティーノ監督の映画『パルプ・フィクション』で「Misirlou」が使用され、再度注目される。

訃報を受け、デイルの元バンドメートであるDusty WatsonはFacebookページで追悼コメントを発表しています