HOME > ニュース >

キング・クリムゾン 『Beat』『Three Of A Perfect Pair』を200g重量盤LP再発&72年ライヴ盤発売

2019/03/15 09:48掲載(Last Update:2019/03/31 11:23)
King Crimson / Live In Newcastle, December 8, 1972
King Crimson / Live In Newcastle, December 8, 1972
キング・クリムゾン(King Crimson)が1980年代にリリースしたアルバム2タイトル、『Beat』(1982年)と『Three Of A Perfect Pair』(1984年)が200グラム重量盤アナログレコードで再発。いずれもロバート・フリップ(Robert Fripp)によって承認されたマスターからカットされています。海外で4月26日発売。

また同日には、キング・クリムゾン・コレクターズ・クラブの第48弾としてライヴ・アルバム『Live In Newcastle, December 8, 1972』も発売されます。1972年12月8日に英ニューカッスルで行われたコンサートの模様を収めたライヴ盤。カセット・レコーディングの音源が、彼らのレーベル、ディシプリン・グローバル・モービル(DGM)によってレストア&マスタリングされています。ラインナップはビル・ブラッフォード(Bill Bruford)デヴィッド・クロス(David Cross)、ロバート・フリップ、ジョン・ウェットン(John Wetton)ジェイミー・ミューア(Jamie Muir)。このライヴ盤は『1972年12月8日 オデオン・ニューカッスル・イングランド』の邦題で日本盤が5月22日発売予定。


■『Beat』

[仕様]
200g edition, cut at Loud Mastering by Jason Mitchell.

[Credits]
Adrian Belew: Guitar, Lead Vocal
Robert Fripp: Guitar, Organ, Frippertronics
Tony Levin: Stick, Bass Guitar, Support Vocal
Bill Bruford: Drumming

[Tracks]

A
Neal and Jack and Me
Heartbeat
Sartori in Tangier
Waiting Man

B
Neurotica
Two Hands
The Howler
Requiem

■『Three Of A Perfect Pair』

[仕様]
200g edition, cut at Loud Mastering by Jason Mitchell.

[Credits]
Adrian Belew: Voice, Fretted & Fretless Guitar
Robert Fripp: Guitar
Tony Levin: Bass, Stick, Synth, Background Voice
Bill Bruford: Acoustic & Electronic Drumming

[Tracks]

Left side:
1 Three of a Perfect Pair
2 Model Man
3 Sleepless
4 Man with an Open Heart;
5 Nuages (That Which Passes, Passes Like Clouds)

Right side:
1 Industry
2 Dig Me
3 No Warning
4 Larks’ Tongues in Aspic III

■『Live In Newcastle, December 8, 1972』

[Credits]
Bill Bruford ~ David Cross ~ Robert Fripp ~ Jamie Muir ~ John Wetton

[Tracks]

1. Larks’ Tongues in Aspic Part One
2. Book of Saturday
3. Improv I
4. Exiles
5. Easy Money
6. Improv II
7. The Talking Drum
8. Larks’ Tongues in Aspic Part Two