HOME > ニュース >

ケミカル・ブラザーズとF1がコラボ “史上最速リミックス”公開 曲の長さは3秒

2019/03/08 09:58掲載
The Chemical Brothers × Formula 1 - WGTT15000BPM F1 NEEEUM MIX
The Chemical Brothers × Formula 1 - WGTT15000BPM F1 NEEEUM MIX
ケミカル・ブラザーズ(The Chemical Brothers)とF1(フォーミュラ1)がコラボレーション。現在のF1マシンのエンジンの最大回転数15,000回転/分(RPM)にあわせ、15,000ビート/分(BPM)までテンポが引き上げられた“史上最速リミックス”を公開しています。曲は4年ぶりの新アルバム『No Geography』に収録される新曲「We’ve Got To Try」で史上最速リミックスは「WGTT15000BPM F1 NEEEUM MIX」と名付けられています。曲の長さは3秒。映像あり。

F1(フォーミュラ1)は「3秒。 それは長くは聞こえないかもしれないが、その間にF1カーは長い距離を進むことができる。それは同じくF1に新しい音のアイデンティティーを与えるのに十分だ。ケミカル・ブラザーズとの画期的な新しいコラボレーションのおかげです」とこの“史上最速リミックス”についてコメントしています



以下は新曲「We’ve Got To Try」のオリジナル・ヴァージョン。Spotify、Apple Musicで聴けます。またこの曲のミュージックビデオが日本時間3月8日18時30分にYouTubeで公開されます。





「We’ve Got To Try」のミュージックビデオ


アルバムは海外、日本で4月12日に発売