HOME > ニュース >

ヴァンパイア・ウィークエンドが6年ぶりの新アルバム『Father of the Bride』を5月発売

2019/03/07 01:36掲載(Last Update:2019/03/07 10:13)
Vampire Weekend / Father of the Bride
Vampire Weekend / Father of the Bride
ヴァンパイア・ウィークエンド(Vampire Weekend)が6年ぶりの新アルバム『Father of the Bride』を海外で5月3日発売。リリース元はColumbia/Spring Snow。

スタジオ・アルバムのリリースは2013年の『Modern Vampires of the City』以来。新作には以前に公開された「Harmony Hall」「2021」も収録。

またアルバム発売の発表にあわせ、新曲「Sunflower (feat. Steve Lacy)」「Big Blue」も解禁。YouTubeで聴けます。この2曲は、「Harmony Hall」「2021」と同様、エズラ・クーニグと、長年のコラボレーターであるアリエル・レヒトシェイドがプロデュース。「Sunflower」にはジ・インターネットのギタリスト、スティーヴ・レイシーが参加。「Big Blue」はエズラ、アリエルに加え、ケンドリック・ラマーやドレイクを手掛けるヒップホップ・プロデューサー=DJダヒがプロデュースを担当しています。

「Sunflower (feat. Steve Lacy)」


「Big Blue」


収録される「Harmony Hall」はエズラ・クーニグによって書かれた楽曲で、元メンバーのロスタム・バトマングリ(Rostam Batamanglij)がプロデュース参加しています。「2021」は、細野晴臣が80年代に無印良品の店内BGMのために制作した楽曲をサンプル使用して、メンバーのエズラ・クーニグ(Ezra Koenig)が作り上げたトラック。楽曲で繰り返されている単語“boy”はジェニー・ルイス(Jenny Lewis)が歌っています。

以下は以前に公開された音源・映像

「Harmony Hall」のミュージックビデオ


「2021」