HOME > ニュース >

U2やヴァン・モリソン、ケイト・ブッシュらがダブリンのスタジオで録音したアルバム21作の「レコード歩道」が跡地に登場

2019/03/03 11:11掲載
Vinyl walkway of famous albums unveiled at Windmill Lane in Dublin - Photograph: Laura Hutton/The Irish Times
Vinyl walkway of famous albums unveiled at Windmill Lane in Dublin - Photograph: Laura Hutton/The Irish Times
U2ヴァン・モリソン(Van Morrison)ケイト・ブッシュ(Kate Bush)などがアルバムのレコーディングで使用したアイルランド・ダブリンの音楽スタジオ、ウィンドミル・レーン・スタジオ(Windmill Lane studio)。同スタジオで録音した代表的なアルバム21タイトルのアルバム・カヴァーを風防ガラスの下に埋め込んだ「レコード歩道(ヴァイナル・ウォークウェイ/Vinyl walkway)」がダブリンに登場しています。

場所はウィンドミル・レーン・スタジオがもともとあったところ。同スタジオは現在
、ダブリン市内のリングセンドに移設。元のスタジオビルは解体され、現在はオフィスビルとなっています。

この「レコード歩道」には、U2のアルバム6タイトルのほか、ヴァン・モリソン、ケイト・ブッシュ、ウォーターボーイズ(The Waterboys)クラナド(Clannad)など15タイトルも選ばれています。

お披露目イベントが先日行われ、クラナドのモイヤ・ブレナンらが出席。この模様を伝えるニュース映像がアイルランドの新聞アイリッシュ・タイムズのサイトで公開されています。

以下のURLのページでご覧になれます。
https://www.irishtimes.com/news/ireland/irish-news/vinyl-walkway-of-famous-albums-unveiled-at-windmill-lane-in-dublin-1.3808391